産業医「ほぼ未経験」の医師にオススメな企業の特徴とは

産業医になって経験がほぼないといった場合、まずは経験を積む、知識を習得するといったことを念頭に置いて企業を選択すべきであると思われます。

…と言っても、そのような経験年数でありますと、選択肢も狭まってしまいますが、求人票を複数提示されているようなケースで、どこを受ければいいか悩んでいるようでしたら、ご参考にしていただければと思われます。

複数の産業医がいる企業

複数の産業医がいるということは、法定で定めるように、労働者数3,001人以上といったケースが多く、やはり大企業ということになると思われます。

必然的に、人事労務関係の事柄がきちんと整備、ルール決めされていて、どうしたらいいか悩むということは少ないのではないでしょうか。たとえば、面談後の報告フロー、ストレスチェックの進め方なども決められていると思われます。

また、困ったことがあれば統括産業医、保健師などにも相談できるという環境であると思われます。

採用に際しても、「教育できる環境にあるから」と、未経験者であっても採用してもらえるチャンスが「産業医1人体制」のところよりも高いということも言えると思われます。

ベテラン保健師がいる企業

産業医が複数いない企業であっても、ベテラン保健師がいると、色々とサポートしてくれて、円滑に業務を行えることが多いです。

一方で立場上、保健師さんはあまり産業医に「苦言を呈する」といったことがしづらいようですので、あらかじめしっかりとコミュニケーションをとり、ざっくばらんに話すことができるようにしておくことも重要です。

ちなみに、私が内科医であった際、初めて産業医になる時に「リクルート ドクターズキャリア」さんから紹介された求人は、まず「産業医複数名体制の企業」でした。その後、ベテラン保健師のいる企業も紹介され、入職したのはベテラン保健師のいる企業でした。なにか困ったことがあっても、ベテラン保健師に相談でき、なんとか業務を行うことができました。

人事部の社内影響力が強い企業

企業によって、人事部の社内での力というのはそれぞれ異なります。社内での影響力が強いような会社ですと、もちろん人事労務関係の事柄がきちんと整備、ルール決めされているでしょうし、「人事の意見が全然通らなくて…」と困ってしまうことも少ないのではないでしょうか。

もちろん、採用時面接の時に「おたくの人事部は社内での力関係、強いんですかね?」などとは訊けないでしょうから、「メンタル疾患で休職・復職する際に、異動を余儀なくされるようなケースでは人事部としてどうされていますか?」「ストレスチェック後の面談で、本人が異動を強く希望しているようなケースでは、人事としてどのように対処されていますか?」などといったことで間接的に訊いてみるしかないと思われます。

私が二社目に「エムスリーキャリア」さんから紹介された企業は、このタイプでした。実際、経験年数が浅かったので、経験を積むにはよかったと思われます。

以上です。
とりあえずのところ、産業医の採用で未経験と経験済みでは大きな違いがあると思われます。なかなか採用されずに大変かもしれませんが、できることならば上記の点をご参考にしていただけますと幸いです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。