医師のバイト・非常勤の相場事情と報酬を上げるコツ「時給1万円は、もはや普通?」

医師の非常勤勤務と言えば、週に1~2回勤務するといった「定期非常勤」と、健診などで1日だけ勤務する「スポット」があります。

「スポット」は立地や内容によってマチマチであるため、今回は「定期非常勤」に限っての話で、その相場と、報酬を上げるコツについて書いてみたいと思います。

まず、時給についてですが、「時給1万円」が一つ、基本的なラインとなっているようです。「できれば、時給1万円を超えて欲しい」と思っている先生方がやはり多いようですね。1日8時間の勤務で、8万円となるため、実入りとしてはかなり良い方ではないでしょうか。

ただ、医局の紹介によるアルバイトの方が高額という側面もあり、医局を辞めたあと、自分で探した時に、「前の方が良かった…」と思うこともあるかも知れませんが、そこは、医局と病院の関係維持などの目的も含まれているため、致し方のない部分かもしれないですね。

さらに、即戦力となるスキル、救急対応・病棟管理などとマルチに対応する能力が求められていると、時給は上がってきたりします。もし高額な時給を求めるのなら、ご自身のそうしたスキルをアピールし、交渉するのも手でしょうね。どうせ働くのなら、高額報酬のほうがやる気になりますしね。

また、以前にも書きましたが(医師も需要・供給で収入が決まる「人口比の医師数、求人数の多い科など」)、需要・供給バランスも、報酬には関わってきます。関東であれば、埼玉県が最も「医師の人口当たりの人数」が少なく、東京などで働くよりも、埼玉県に足を伸ばしてバイトをすると、高額になりやすいといったことがあります。

他にも、科によっても報酬・求人数は異なります(初期研修医に知っておいてもらいたい「科を選択する上で意識したい求人ニーズ」)。「マイナー科で、あんまり求人がない…」とお悩みの先生は、健診やAGA外来、病棟管理・訪問診療といったところまで選択の幅を広げると、高額報酬のバイトが見つけられるかもしれませんね。

「報酬の最低ライン」を超えるため、こうしたコツをご検討いただき、「医師バイトドットコム」や「リクルートドクターズキャリア」に登録してこまめに求人情報をチェックすると良いのではないでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。