転職後に「上手く馴染めない…」と悩む方が心にとどめておくべき1つのこと【医師転職】

私は学生時代に上手く馴染めず、登校拒否をしていた経験もあります。高校、大学と進学しても「周囲と馴染めたな」と思えたことはほとんどありませんでした。

案の定、初期研修後に3度の転職を経験しておりますが、それぞれの職場で「上手く溶け込めたなぁ」と思えることもほとんどありませんでした。

ですが、ここ最近は「居づらいなぁ」とストレスを感じることはなくなってきました。以前ほどは「周りから浮いてるなぁ」ということは少なくなったのではないかと思っております。

そのきっかけとなったのが、産業医になって2社目の会社、そこの人事の社員さんからアドバイスを受けたことです。比較的、空気を読まずになんでも言う人でしたが、「先生、浮いてるよ」とズバっと言ってこられました。

さらに、「先生って、どんな人か全く分からない。だからこっちとしても絡みづらいんだよ。自分からどんな人か発信していかなきゃ、周りは理解できないよ」と言われました。

そこで、私からすると目から鱗が落ちるような思いだったわけです。周囲から浮いている人は「周りが自分を疎外する」と思ってしがいがちですが、それは逆で実は「単に浮いてる人は、周囲に溶け込もうとしていないだけ」だったわけです。

さらに言えば、周囲に溶け込むためには「自分がどんな人間か、自己開示してアピールしなきゃいけない」というわけです。それで始めて自分がどんな人間か理解してもらえて、周囲に馴染んでいけるというわけです。

そのことが分かり、私は積極的に自分自身のことや、家族のことを職場の人に話すようにしています。そのおかげか、以前の職場よりも気軽に話しかけてもらえるようになりました。

もし「職場でどうも浮いてしまう…」という方でしたら、積極的に自分から自己開示をするように話していくことをやってみてはいかがでしょうか。

なお、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職支援会社を利用して転職しておりますと、転職後も転職エージェントが相談に乗ってくれますのでおすすめです。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。