「産業医としての転職」が上手く行かない時に実施すべき3つのポイント

私は産業医として3回の転職を経て現在の企業に至っているわけですが、その3回の転職の中で、なかなか次が決まらず、「内科医に戻ろうか…」と悩んだこともありました。

そもそも産業医は求人数が少なく、なおかつ企業側有利な「買い手市場」というところがあり、転職が勤務医よりも困難であると思われます。

さて、そんな中で困難な転職時期をどう乗り切るべきなのか、上手く行かない時に実施すべき3つのポイントについて書いてみたいと思います。

希望条件の見直し

自分にとってなかなかいい求人がない=希望条件と見合わない、ということですので、その条件を少し見直してみるのも手です。

・希望年収

・通勤時間

・勤務日数

など、譲れる部分はないか、改めて考えてみましょう。ただ、「これだけは絶対に譲れない」という部分もあると思われますので、そちらも確認しておくことも重要です。

転職支援会社のキャリアエージェントと相談

上記の希望条件を再検討したら、転職支援会社のキャリアエージェントと改めて相談してみましょう。そうした条件の求人を、改めて紹介していただくこともできるかもしれません。

また、相談を行うことで自分にとってどんな点が大事なのか、はっきりと見えることもあります。やはり自分一人で思い悩んでいては始まらないということもありますので、パートナーであるキャリアエージェントと相談することはとても重要だと思われます。

「待つ」ことも重要

私の場合、最後の転職では2ヶ月ほど待って求人先を紹介されました。やはり求人というのは「出会い」であるということは確かだと思われます。

上記の2つを行った後は、「待つ」ことも重要です。ただ、収入面で痛手となることもありますので、できるならば仕事を続けながら転職活動をする方が、経済的にも、精神衛生上もよろしいかと思われます。

以上です。
ただ一つ言えることは、「求人」は期せずしてやってくるということです。焦って「ない、ない…」と追い詰められてしまうよりは、ぜひ「きっと来るはず」と待つ姿勢でいる方がよろしいのではないでしょうか。

また、産業医をお続けになりたいということでしたら、ぜひ続けましょう。きっと先生をお待ちの企業があるはずです。

実際、私が転職する上でお付き合いさせていただいた転職支援会社は、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

です。いずれもお付き合いしやすいエージェントさんで非常に助かり、無事に転職を成功させることができました。

もし転職をご希望されておられるようでしたら、ぜひご登録されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。