臨床医が産業医になることは、実はハードルはさほど高くないと考えられる理由【産業医転職】

スポンサーリンク

私も内科の臨床医でしたが、後期研修中に産業医へと転職しています。その時の心境は、まさしく「一大決心」だったわけですが、今振り返ってみて考えますと、それほどハードルとしては高くなかったのではないか、と思います。

たとえば、呼吸器科の専攻医が循環器内科へと転科したり、内科医師が精神科へと転科したケースを考えますと、恐らく専門医取得を目指して転科するということになり、専攻医プログラムも絡んだ変更が必要になると思われます。

また、同じ病院で転科できるということならばいいですが、居づらいことを考えればやはり別の病院でリスタートしたい、といったことをお考えになるドクターも多いのではないでしょうか。

こうした色んな要素が絡んだ上での転科、となるわけですので、なかなか「やっぱやめた。元の科に戻ろう」「また別の科にしよう」といったことが難しいようにも思われます。

その一方、産業医への転職ということになりますと、専攻医プログラムも関係なく、また「専門医を目指して…」という人は比較的少数ですので、こうした点から、臨床医の転科よりは気楽に転職できるのではないか、と思います。

また、万が一「やっぱり臨床医がいいや…」と思った場合も、「産業医は自分に合わなかった」という理由だけで元の科に戻れる言い訳が立ちますので、臨床医が元の科に戻るよりも、比較的しやすいように思います。実際、元々内科医で産業医になり、そこからさらにメンタルヘルスの分野に興味を持ったということで精神科医師になったという人もいます。

産業医になろうと思っていながらも、二の足を踏んでおられるということでしたら、実際はこのように意外にフレキシブルなのだということをご理解いただければと思います。

なお、産業医未経験のドクターが産業医へと転職する上のは、やや難易度が高いと考えられます。そこで、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社にあらかじめご相談した上で転職をされることをおすすめします。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました