臨床医が産業医になることは、実はハードルはさほど高くないと考えられる理由【産業医転職】

私も内科の臨床医でしたが、後期研修中に産業医へと転職しています。その時の心境は、まさしく「一大決心」だったわけですが、今振り返ってみて考えますと、それほどハードルとしては高くなかったのではないか、と思います。

たとえば、呼吸器科の専攻医が循環器内科へと転科したり、内科医師が精神科へと転科したケースを考えますと、恐らく専門医取得を目指して転科するということになり、専攻医プログラムも絡んだ変更が必要になると思われます。

また、同じ病院で転科できるということならばいいですが、居づらいことを考えればやはり別の病院でリスタートしたい、といったことをお考えになるドクターも多いのではないでしょうか。

こうした色んな要素が絡んだ上での転科、となるわけですので、なかなか「やっぱやめた。元の科に戻ろう」「また別の科にしよう」といったことが難しいようにも思われます。

その一方、産業医への転職ということになりますと、専攻医プログラムも関係なく、また「専門医を目指して…」という人は比較的少数ですので、こうした点から、臨床医の転科よりは気楽に転職できるのではないか、と思います。

また、万が一「やっぱり臨床医がいいや…」と思った場合も、「産業医は自分に合わなかった」という理由だけで元の科に戻れる言い訳が立ちますので、臨床医が元の科に戻るよりも、比較的しやすいように思います。実際、元々内科医で産業医になり、そこからさらにメンタルヘルスの分野に興味を持ったということで精神科医師になったという人もいます。

産業医になろうと思っていながらも、二の足を踏んでおられるということでしたら、実際はこのように意外にフレキシブルなのだということをご理解いただければと思います。

なお、産業医未経験のドクターが産業医へと転職する上のは、やや難易度が高いと考えられます。そこで、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社にあらかじめご相談した上で転職をされることをおすすめします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。