常勤産業医の求人に「何社応募しても内定がもらえない」場合にやるべきこと【医師転職】

スポンサーリンク

常勤産業医の採用面接は、2次面接まであることが多く、「書類審査、1次は通っても2次で落とされる」あるいは「2次面接に到達しない」ということもあります。

落とされる理由としては、病院の求人よりも倍率が高くなる傾向にあることや、あるいは「企業側の求める産業医像」に合致しない場合などがあると思われます。

特に、やはり企業としても経験年数のある産業医を求める傾向にあると思われますので、「未経験でも可」という企業であっても、経験のある産業医を優先するのかな、と思います(他社でのクセを嫌って、未経験の産業医を採用するケースもあるようですが)。

私も3社ほど応募して、全て落ちてしまったことを経験しています。その時は「うわ…このまま決まらないのかな」と絶望的な気持ちになったことを覚えています。

では、その時にどうすべきかということですが、以下のようなことを試してみてはいかがでしょうか。

希望条件、特に希望年収の見直し

2次面接になってきますと、希望年収を聞かれることがあります。企業側も「年収いくらまで」と上限を提示はしています。その上限を希望条件として言うこともできますが、もし同じく応募している方がいて、その方がより低い希望年収を提示した場合、やはりそちらを優先する可能性があるわけです。

やはりそこも駆け引きで、あまりに低い希望年収を提示するべきでもありませんし、高すぎても内定を出してもらえない可能性があります。ですので、希望年収を提示する場合は、自分自身の経験年数、企業の提示する年収の幅などを勘案して慎重に行った方がよろしいかと思われます。

面接対策の練り直し

面接でどのようなことが質問されているのか、面接が終わったらメモとして残しておいた方がよろしいかと思います。その質問にどう答えるのか、あらためて書き起こして見直しをしてみることをお勧めします。

面接の場では緊張もあって、なかなか気づかないことではありますが、あらためて文字で見ると改善点も見つかると思われます。

また、その内容を一度、転職エージェントに見せて相談してみることもお勧めします。リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどに登録しておきますと、求人情報も教えてもらえますし、面接対策も相談に乗っていただけると思います。

一度、転職活動を休止してみるのも手

求人が自分向きでない時期というのはどうしてもあって、その時は思い切って一度、「転職活動を休止してみる」ことも手です。

実際、私も仕事を続けながら転職活動を行い、なかなか上手くいかなかったので休止し、あらためて退職してから転職活動を再開したことがありました。

時期の問題もあってか、退職後にはいい求人にめぐりあって内定をいただくことができました。ですので、「流れを変える」意味でもあって、可能ならば転職活動の時期をずらすことも手であると思われます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました