「メンタルヘルスの問題」が会社で対処しづらい3つの理由【産業医マニュアル】

産業医のための入門書『産業医はじめの一歩』の中で、「メンタルヘルスの問題」が会社で対処しづらい3つの理由について記載されていました。

周りの人が状況を理解しにくい

メンタル疾患は「目に見えて分かる病気」というわけでもなく、ある程度は本人が我慢して耐えていても、なかなか分かりづらいものです。

ある日突然、「たびたび会社に遅刻・欠勤するようになった」「どうもパフォーマンスが落ちている」「部下や同僚に対する当たりが強く、イライラしているようだ」…といったことで顕在化してくることもあります。

「急に休み始めて、周りが対応に追われる」というのでは大変ですので、できればその前に予兆を見逃さないようにしたいところです。

原因がいくつも重なり、複雑化する

よくあることですが、メンタルヘルス疾患の発症間際になってくるとパフォーマンスが低下し、仕事が溜まっていきます。その結果、判断が鈍っているところでますます「どこから手をつけていいのやら…」という状態になります。

上司からは叱責されることもあり、上司・部下の関係性も悪化。叱責されたくないため、ミスを隠すようになり、露見したところではその問題がさらに大きなことになっている…なんてこともあります。

大本はやはりメンタルヘルスの問題ということですから、早期発見・早期治療、もしくはその前段階で重すぎる業務負荷を軽減するといった対処が必要になると思われます。

状態が反復・長期化

メンタルヘルス疾患の場合、「休職→復職」して完治、「はいもうおしまい」というわけには行きません。病状には波があり、そのことを織り込んだ上で本人も周りも復職後の経過を見ていかなければならないわけです。

ですので、特に復帰直後は、病状悪化の再燃・再発が起こらないかどうかしっかりと見ていく必要があると思われます。そうしたフォローアップを怠りますと、反復・長期化する可能性があるというわけです。

以上です。
ですので、メンタルヘルス疾患の場合、こうした3つのポイントに注意するべきかな、と思われます。

また、産業医としては、メンタルヘルス疾患であるため、本人のプライバシーに十分配慮することも必要ですね。その上で、会社側と相談しつつ就業制限の必要性などを検討していく必要があるかな、と思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。