「産業医って難しい?」と思って転職に二の足を踏んでいる医師へのアドバイス【産業医転職】

スポンサーリンク

「産業医 楽(らく)」という検索ワードで当サイトの来られる方もおられれば、反対に「産業医 難しい」というキーワードで来られる方もおられるようです。

以前、

「産業医って楽なんだろ?」という臨床医の質問に産業医として答えてみた【産業医転職】

「産業医って楽なんだろ?」という臨床医の質問に産業医として答えてみた【産業医転職】

という記事を書いてみました。これは、「臨床医より産業医の方がよっぽど楽」と安易に考えておられるドクターのために、警鐘を鳴らす意味で書きました。

ですが、「産業医って難しい?」と感じておられ、転職に二の足を踏んでおられる方には、「そこまでご心配になられることはありませんよ」と思います。

たしかに、産業医となりますと基本的には「嘱託契約」で1年ごとの更新を乗り越えなければならないところがほとんどであったり、医師では縁遠かった社員同士の「人間関係」の問題に直面しなければならなかったり、健診の判定業務といった淡々とした業務を続けなければならないということはあります。

しかしながら、それさえ乗り越えられれば、臨床医時代ではありえなかったほど精神的・身体的に平穏な日々を送ることができると思います。

たしかに、認定産業医の資格取得や内定を得るまでの苦労はありますが、なってしまえば未経験であっても、すぐに業務へは慣れると思います。産業医という仕事に興味があるということであれば、ぜひ飛び込んでみて損はないと思います(たとえ臨床に後に戻ったとしても)。

ただ、いきなり未経験の産業医がご自身で求人を探すというのはかなり困難であり、そこはやはり「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社転職エージェントにご相談いただき、求人を紹介してもらう方が手っ取り早いです。ぜひご相談いただくことをオススメします。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました