「産業医って難しい?」と思って転職に二の足を踏んでいる医師へのアドバイス【産業医転職】

「産業医 楽(らく)」という検索ワードで当サイトの来られる方もおられれば、反対に「産業医 難しい」というキーワードで来られる方もおられるようです。

以前、

「産業医って楽なんだろ?」という臨床医の質問に産業医として答えてみた【産業医転職】

「産業医って楽なんだろ?」という臨床医の質問に産業医として答えてみた【産業医転職】

という記事を書いてみました。これは、「臨床医より産業医の方がよっぽど楽」と安易に考えておられるドクターのために、警鐘を鳴らす意味で書きました。

ですが、「産業医って難しい?」と感じておられ、転職に二の足を踏んでおられる方には、「そこまでご心配になられることはありませんよ」と思います。

たしかに、産業医となりますと基本的には「嘱託契約」で1年ごとの更新を乗り越えなければならないところがほとんどであったり、医師では縁遠かった社員同士の「人間関係」の問題に直面しなければならなかったり、健診の判定業務といった淡々とした業務を続けなければならないということはあります。

しかしながら、それさえ乗り越えられれば、臨床医時代ではありえなかったほど精神的・身体的に平穏な日々を送ることができると思います。

たしかに、認定産業医の資格取得や内定を得るまでの苦労はありますが、なってしまえば未経験であっても、すぐに業務へは慣れると思います。産業医という仕事に興味があるということであれば、ぜひ飛び込んでみて損はないと思います(たとえ臨床に後に戻ったとしても)。

ただ、いきなり未経験の産業医がご自身で求人を探すというのはかなり困難であり、そこはやはり「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社転職エージェントにご相談いただき、求人を紹介してもらう方が手っ取り早いです。ぜひご相談いただくことをオススメします。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。