「産業医になりたい」という医師がすぐ取り掛かるべき3つの課題【産業医転職】

「産業医になりたい」という医師がいたとして、実際に(常勤)産業医として勤務するには、取り掛かるべき課題があります。

まずは、医師がそのまま産業医にはなることができませんですので、産業医になる上では(他の方法もありますが、現実的に言って一般臨床医が産業医になるには)認定産業医資格を取得する必要があり、それを取得してやっとスタートラインに立てます。

取得すべき単位は、

・前期研修:14単位以上
・実地研修:10単位以上
・後期研修:26単位以上

と、計50単位以上を取得するための講座を受ける必要があり、臨床医として勤務しながらですと、なかなか大変です。集中講座などで短期に取得する方法もありますが、結構な人気ですぐに埋まってしまう傾向があり、予約するのも大変です。

そこで、短期集中型講座以外ですと、以下のような方法があります。

認定産業医になるための「効率的・低予算」での単位取得方法

集中講座以外で「産業医資格」を得るために必要な単位を効率よく取得する方法

こうした面倒な単位収集を行っていただき、登録を行うことで認定産業医資格を取得することができるわけです。

認定産業医になるための申請・登録方法

さて、この認定産業医の資格を取得できたら、次は職探しとなります。資格を持っているだけでは当然、常勤産業医として勤務することはできず、転職活動を行う必要があります。

ただ、いきなり未経験の産業医がご自身で求人を探すというのはかなり困難であり、そこはやはり「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社転職エージェントにご相談いただき、求人を紹介してもらう方が手っ取り早いです。

求人に応募し、書類審査→採用面接(最低2回のところが多いです)という流れとなります。あらかじめ、転職エージェントに採用面接対策を色々と相談しておきましょう。

無事に内定がもらえたとして、お次は入職までの準備をしておくべきでしょう。読みやすい入門書としては、



特に私のように非精神科医でありますと、メンタル疾患による休職への対応が不安、という方が多いと思いますので、こうした本をあらかじめ読んでおきますと安心感が違います。また、採用面接の時にも役立つと思いますので、読んでおいて損はありません。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。