産業医になる上で覚悟しておいた方がいいリスクとは【産業医転職】

私は、臨床医から産業医になって、3社の常勤産業医を経験しております。その中で、一社目の産業医は不慣れでなおかつ若かったということもあってか、かなり悔しい思いをしました。

1年目、2年目の契約更新は乗り切りましたが、3年目は「契約更新しません」と通告を受けたわけです。私は「契約更新されるだろう」と思い込んでおり、「まさかクビ切りに遭うとは…」とショックを受けたのを覚えています。

理由としては、「今後、生活習慣病対策に力を入れていく上で、経験豊かな産業医を招くことになったため」と説明されました。要は「あなたじゃ役不足ですよ」と宣告された形です。

こうした「契約打ち切り」ということはありえます。また、企業である以上、赤字が続いていたりしますと、「今までの報酬は支払えません。減額か、契約終了を」と迫られる可能性もあります。

ですので、産業医になる上では「クビ切りもありうる」ということは承知の上で転職する必要があると思われます。個人的には、採用時面接などで「ちょっと産業医への期待、要求が過大じゃない?」と感じるようですと、企業側から「チェンジで」などと言い渡される可能性もあると念頭に置いておいた方がいいかな、と思っております。

私は、この一社目の経験を元に、「長らく勤務できそう」「企業側の都合による契約打ち切りが少ない」といった希望を「リクルートドクターズキャリア」、「エムスリーキャリア」の転職エージェントに相談し、三社目に至っております(なお、二社目は自己都合退職です)。

ようやく落ち着けたかな、といった印象で勤務できておりますので、もし私同様「契約打ち切り」の憂き目に遭ってしまったという方がおられましたら、転職エージェントとご相談の上、転職をご検討いただければと存じます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。