産業医になる上で覚悟しておいた方がいいリスクとは【産業医転職】

スポンサーリンク

私は、臨床医から産業医になって、3社での常勤産業医となりました。その中で、一社目の産業医は知識や経験不足、そして人事労務担当者とのコミュニケーションがおろそかになっていたということもあり、3年目の契約更新ができませんでした。

この内容は、

産業医になることのメリットとデメリット、産業医の立場からぶっちゃけます
私が産業医として働きだして、10年近くになってきています。そもそも臨床医から産業医になろうと思ったのは、 に詳しく書いていますが、体調不良と医長との関係悪化で退職したことがきっかけであり、正直なところ「臨床医をもう続けたくない...

でも書きましたが、基本的に産業医は「1年ごとに契約更新を行う嘱託契約」であり、常勤の臨床医よりもかなり不安定な立場となっています。そこで、1年目、2年目の契約更新は乗り切りましたが、3年目は「契約更新しません」と通告を受けたわけです。

私は「契約更新されるだろう」と思い込んでおり、「まさかクビ切りに遭うとは…」とショックを受けたのを覚えています。

産業医一社目の「洗礼」は強烈で、かなりお酒の量も増えてしまいました…

契約を更新しないと言われた理由としては、「今後、生活習慣病対策に力を入れていく上で、経験豊かな産業医を招くことになったため」と説明されました。要は「あなたじゃ役不足ですよ」と宣告された形です。おそらくそれ以外にも、本来はしっかりとコミュニケーションをとるべき人事労務担当者とあまり上手く連携ができていなかったことも問題だったと思います。

こうした「契約打ち切り」ということはありえます。また、企業である以上、赤字が続いていたりしますと、「今までの報酬は支払えません。減額か、契約終了を」と迫られる可能性もあります。

ですので、産業医になる上では「クビ切りもありうる」ということは承知の上で転職する必要があると思われます。個人的には、採用時面接などで「ちょっと産業医への期待、要求が過大じゃない?」と感じるようですと、企業側から「チェンジで」などと言い渡される可能性もあると念頭に置いておいた方がいいかな、と思っております。

ただ、私のように一社目が上手くいかなかったとしても、諦めるべきではないと思っています。

産業医として勤務した「一社目で上手くいかなかった」時にどう考えるべきか【医師転職】
私は後期研修医の時に、体調不良や医長との関係悪化が元で、勤務していた病院を退職しました。数ヶ月、バイトで食いつなぐ日々と転職活動期間を経て、常勤産業医に転職しました。 当時を振り返ってみますと、一社目ということで力が入ってしまっていた...

にも書きましたが、やはり一社産業医をやったからと言って、向き不向きは分からないのではないかと思います。一社目の反省点をしっかりと踏まえた上で再度転職したならば、次の企業で上手くいく可能性だってあるのではないでしょうか。

実際、私もリクルートドクターズキャリアエムスリーキャリアの転職エージェントのサポートを受け、ようやく3社目で「ぜひ働き続けたい」と思える企業に当たりました。

もし私同様「契約打ち切り」の憂き目に遭ってしまったという方がおられましたら、転職エージェントとご相談の上、転職をご検討いただければと存じます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

産業医転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました