産業医として「健康経営優良法人」「ホワイト500」の企業に勤務するメリット・デメリットとは?【産業医転職】

最近、産業医の求人情報で「健康経営優良法人」「ホワイト500」の文字をよく見かけるようになったと思います。

「健康経営優良法人」とは、経産省が運営している「健康経営優良法人認定制度」で認定された企業のことです。2020年度では、大企業法人部門で1476法人が、中小規模法人部門に4816法人が認定されており、なおかつ大企業法人の中で上位500法人を「ホワイト500」としています。

これは自然と推挙されるようなシステムではありませんので、企業自らが申請を行い、認定される必要があります。ですので、この「健康経営優良法人認定制度」の存在を知っているかどうか、というのがそもそも認定されている企業、されていない企業の違いでもあります(知っていて申請していない企業もあるでしょうが)。

では、こうした「健康経営優良法人」「ホワイト500」の企業に産業医として勤務するとどうなるか、ということですが、恐らく認定されているような企業は産業衛生分野に力を入れていて、詳しい担当者がいる可能性が高いと思われます。

また、健康経営に積極的に取り組んでいるということは、風通しをよくしようという意識の現れとも思われますので、「社員が疲弊して、次々に辞めていく」というようなことも少ないかと思われます。この点、産業医として面談で対応をしなければならないかどうかということで気になるところです。

ただ、その一方で産業衛生分野に詳しい人事担当者がいますと、「産業医に求められることも高度化」する可能性があります。当然ながら産業医として知ったかぶり、テキトーな対応ではダメで、しっかりと調べたり勉強した上で対応していく必要があります。この点もデメリットというよりは、「勉強しよう」というモチベーションになるとも思われます。

総じて、私としては「健康経営優良法人」「ホワイト500」の企業への入職はオススメです。業務がしっかりとシステム化されているところも多いと思われ、「対応に困る場面も少ない」ため、未経験の産業医にとっても働きやすいと思います。

もし「健康経営優良法人」「ホワイト500」の産業医求人をお探しでしたら、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントにご相談いただいてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。