産業医が意見書で書く「配置転換が望ましい」の効力について【産業医マニュアル】

産業医面談を行っておりますと、社員自身から「異動したいんです。どうにかなりませんか?」という依頼や、通院中の精神科から「配置転換が望ましい」といった診断書が届くことがあります(精神科医主治医の「配置転換が望ましい」という診断書に産業医が本音で思うこと【産業医マニュアル】)。

産業医が面談の結果、意見書で企業側へ「配置転換が望ましい」と記すことがあります。そもそもこの意見書の効力を考えた場合、安衛法第13条3、4に基づきます。

3.産業医は、労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは、事業者に対し、労働者の健康管理等について必要な勧告をすることができる。

4.事業者は、前項の勧告を受けたときは、これを尊重しなければならない。

要は、あくまでも「勧告」であり、企業側は「尊重しなければならない」とはありますが、「何がなんでも従わなくてはならない」という強制力はないということになります。

では、この「配置転換が望ましい」という文言ですが、企業側が了承する時と、しない時、どのような違いがあるのでしょうか?

この点は、私見ですが「勤続年数」や「社員自身の役割・働き」に大きく関わってくるのかな、と思われます。やはり入職間もなくで「この部署は自分には合わない」といったことでは、なかなか意見が通らず、「退職勧奨」をやんわりと人事側から行われてしまう可能性があります。

また、専門知識・経験を見込み、その働きを期待して中途採用をした人であった場合、なかなかそれは「異動を」ということにはなりません。また、管理職採用の場合であっても同様だと思われます。

一方、ある程度の勤続年数があり、それなりの働きをしてきた社員での場合、「配置転換」は通る可能性が高いように思います。というのも、それなりの結果を出してきた人ですので、異動先でも「よく働いてくれそうだな」と人事側も判断するわけです。

このような違いがあって、「配置転換が望ましい」という言葉を企業側は対応を異にするように思われます。ですので、産業医面談で「異動をしたい」と訴えた場合でも、結局のところ判断するのは企業ですので、産業医が後押しをしたところで拒否されるケースはあると思っていただいた方がよろしいかと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。