医師の転職でよくある失敗例、失敗してしまう理由とは?【医師転職】

医師だけではないかもしれませんが、入職した後に「失敗したなぁ…」と後悔をしてしまうことがあります。実はその「失敗」には、いくつかの原因・理由、パターンがあります。

今回はその失敗例や、失敗してしまう原因・理由について書いてみたいと思います。ご参考にしていただき、同じ轍を踏まないようにしていただけますと幸いです。

転職活動にかける時間が少なくて情報収集不足

転職活動には、最低3ヶ月程度かけてしっかりと取り組みたいところです。その中で、求人同士を比較し、応募する転職先の情報収集を十分に行うことが必要です。

ところが、「1ヶ月で転職したい」「今の職場が忙しすぎて、転職活動に時間がかけられない」ということですと、情報収集、比較検討が疎かになってしまうことがあります。

結果、「こんなはずじゃなかった…」と後悔することになってしまう可能性があるわけです。後悔しないためにも、転職活動は、十分な時間・期間がとれるかを判断した上で開始することが望ましいと思われます。

転職する「目的」が曖昧

転職する「目的」をまずしっかりと定めた上で転職しませんと、やはり入職してから「なんで転職したんだっけ?」「前の職場の方がよかったかも…」などと後悔することにもなってしまいます。

まずは転職する上で、「目的」をはっきりさせましょう。たとえば、「今の職場は忙しすぎる。もう少しゆるやかに働きたい」「当直、オンコールがしんどくなってきた。免除してもらえる病院に勤務したい」といった目的です。

目的がはっきりしますと、「当直ないわけだから、やはり年収は下がるな。それを許容するしかないかな」といった、譲歩すべき部分が見えてくると思われます。そうしたことを納得・理解した上で転職をしませんと、やはりこれも後悔する要因となると思われます。

同じ過ちを繰り返している可能性

「人間関係」で悩んでの転職というのは、やはりよくある理由だと思われます。ただ、その原因の一端が自分にある可能性というのも考えておく必要があると思われます。

「コミュニケーション不足」で人間関係が悪化しているとしたならば、「自分からコミュニケーションをとりにいこうとしていなかったのではないか?」「挨拶もろくにできていなかったのではないか」といった基本的なことが原因である可能性もあります。

こうした点が改善されませんと、また同様の原因で転職、ということにもなりかねません。まずはしっかりと今までのことを振り返り、自分にも落ち度はないか、ということも考える必要があると思われます。

以上です。
また、転職する上ではやはり自分だけで考えず、誰かに相談することも重要だと思われます。実際、私も誰かに相談している中で、転職の方向性が見えてきたこともありましたし、転職エージェントとの相談の中で、産業医となる決意が固まったようにも思います。

もし転職で迷われていたり、相談をしたいということでしたら、私も転職のたびにお世話になっておりました、人材紹介会社の「リクルートドクターズキャリア」「エムスリーキャリア」にご相談されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。