医師の「お気楽リタイア」はお早めに

スポンサーリンク

「仕事がなによりの生きがい」という方はいらっしゃるでしょうけども、全員が全員、そのようなことではないでしょう。

中には、「引退後はお気楽に過ごす」と夢見ている方もいらっしゃるはず。ですが、そうしたリタイアを考えていらっしゃるのなら、早めに実行されたほうがいいでしょう。

「60を過ぎて」と考えていると、体力的に体がついていきません。また、「海外旅行に行きたい」と考えていても、その意欲がなくなっているかもしれません。「旅行に行きたい」「趣味に生きたい」とお考えなら、早めに動きましょう。

「そんなこと、家族が許さない」「所詮は、家族のいない独り身の人しかできないことでしょ」と思われるかもしれませんが、ある程度の資産を作った上で、「あとは週2~3日の非常勤外来で過ごす。リタイア生活に飽きるようだったら、常勤に戻る」というようなことであれば、家族も納得しやすいのではないでしょうか。

「一度しかない人生」とはよく言ったもので、まさしくそのとおりであると思います。いやな思いをし続け、我慢し続けて60歳を待つよりも、早めに仕事をきり上げ、やりたいことに生きがいを見出すことも選択肢の一つだと思います。

また、完全にリタイアするわけではなく、全力投球での勤務を続けるのをやめてバイト生活、のような「お気楽リタイア」というのもミソで、リタイア生活に飽きてしまうよりは、こうした方を選ばれてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました