胸焼けなど不快な症状を引き起こす逆流性食道炎を予防する3つのポイント

飲み過ぎ食べ過ぎで、「胸焼け、ゲップ、酸っぱいものがこみあげてくる…」といった症状が現れた人はいませんか?それは逆流性食道炎のサインかもしれません。

Heartburn painHeartburn painHeartburn pain

背中の曲がった高齢女性や、お腹が出たメタボ体型の男性に多い病気ですが、飲み過ぎ食べ過ぎをしがち、食事してから寝るまでの時間が短い人では、逆流性食道炎が起こりやすいです。

このように、逆流性食道炎は生活習慣も大きく関わっています。以下に挙げたようなポイントを踏まえ、是非とも逆流性食道炎予防にお役立ていただければと思います。

1) 逆流性食道炎の起こりやすい食生活をやめる

逆流性食道炎の起こりやすい食生活としては、
・脂肪分の多い食事
・暴飲暴食
・早食い
・就寝3時間以内に食事をしている。
・便秘がち
などが挙げられます。このような食事をなさっている方は、改めた方が良いと考えられます。ちなみに、便秘だと胃が圧迫されて胃酸の逆流が起きやすく、逆流性食道炎が起こりやすいと言われています。

2) ピロリ菌除菌後にはご注意を

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の保菌者であると、慢性胃炎や萎縮性胃炎が起こって、胃酸の分泌量が減るため、胃食道逆流症は起こりにくくなると言われています。

ピロリ菌を除菌した後、胃酸の分泌量が多くなると、胃食道逆流症のリスクは高くなるかもしれないので、よりご注意いただければと思います。

3) 夜のスナック菓子やファストフードは控えましょう

胃酸の分泌を促す、スナック菓子やファストフードを大量に食べるという食習慣がある人は、胃食道逆流症になりやすいと言われます。

特に夜間にこのようなものを大量に食べるようなことは避けるべきだと考えられます。

以上の点にご注意いただき、なおかつ胸焼け、げっぷなどの症状が出ている場合は早めに消化器内科を受診されてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。