紫外線対策で気をつけたい3つのポイント

健康的な生活を送る上で、適切に紫外線対策するためのポイントについて、米国皮膚科学会(AAD)が「American Academy of Dermatology Statement on sun exposure, vitamin D levels and mortality」に記載しています。
AQ120_L
最近、「日光を浴びない女性の死亡率は、日光を浴びる女性の2倍」であるという論文がJournal of Internal Medicineに掲載されたことに対して声明が発表される形となっています。

この研究に関して、声明は
1) 日光を浴びないことの影響は、不健康な生活による影響と区別できない(室内に篭もる時間が多く、運動不足などの影響があるのではないか、など)
2) ビタミンDの値や補充に関するデータが示されていない。
といった点を指摘しており、日光を浴びない=浴びてる人に比べて死亡率が上がる、と直接的にはいえないのではないか、と論じています。

この研究を踏まえ、上記の声明では、やはり出来うる限り日焼けを避けるべきという主張をそのままに、

1) 直射日光をできるだけ避ける:戸外では、日陰を探し、紫外線対策服を着用する。
2) SPF 30以上のブロード・スペクトラム日焼け止めを使用
3) ビタミンDの摂取:ビタミンD豊富な自然食材、ビタミンD強化食材/飲料、およびビタミン Dサプリメントを取り入れた健康的な食生活を送る。

といったことを行うべきではないか、と記しています。

ビタミンDは、日光に浴びることで、皮膚で生成されます。もしかしたら、日焼けしている人に比べて、していない人は、その生成が少なくなっている可能性があり、死亡率と結びついている可能性もあるのではないか、とも考えられ、3) ビタミンDの摂取を勧めているようです。

ビタミンDを多く含む食材としては、しらす干し、紅鮭、いわし、焼きサンマなどに多く含まれています。ただ、過剰摂取は避けるべきで、5.5~50μg/日の範囲で適量をとるようにしましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。