クリニックがアフィリエイト広告での集客を行う上で注意したい「虚偽申込不正」

クリニック、特に美容系のクリニックでアフィリエイト広告を利用した集客を行う上で、「虚偽申込不正」が問題となることがあります。

アフィリエイトとは、「成果報酬型のインターネット広告」です。要は、ブログやホームページの運営者が広告を掲載し、そこから集客できた場合、広告主が対価を支払うという流れになります。

ただ、医療系のアフィリエイトは高額報酬ということもあり、悪意を持った人にターゲットとされやすい一面もあります。その点、広告主は注意をする必要がありますね。

実例ですが…

とある脱毛を行う美容クリニックが、某ASP(アフィリエイトサイトプロバイダ、広告主とアフィリエイターを仲介する会社)経由での来院者が多いことに気づく。

調査を行う中、来院者の一人である大学生が「別に脱毛したくない。ここにくればお金がもらえると聞いた」と言い出す。

簡単に作られたブログから申し込み、来院すればキックバックされた「報酬を受け取れる」と聞かされていたと判明。

とのことです。

要は、アフィリエイターが報酬の内の何割かをキックバックする約束で、その代わりに申し込み・来院をさせていたというわけですね。

これでは、クリニックとしてもまともな集客ができず、なおかつ報酬を奪われ損なわけですから、たまったものではありませんね。

注意点としては、

・急にASPを通じた申し込み・来院者が増えた場合は注意。

・来院者にしっかりとした聞き取りを行う。

・広告出稿でしっかりと成果が出ているか確認。

ということでしょうかね。

クリニックはさらに法的対応をとるそうですが、その手間・時間・お金もかかるわけですから、被害はとても大きいと考えられます。広告出稿をお考えの場合は、ご注意ください。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。