アトピー性皮膚炎の患者さんが汗で痒くならないための対策3つのポイント

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、夏場は汗をかくため、大変な時期となってしまいがちです。というのも、汗をかくと痒みが増してしまい、大変な思いをしてしまうからです。
itch
ところが、その忌まわしい「汗」が、実は見直されているようです。「アトピー患者に「汗かくな」はもう古い」の記事によると、積極的に汗をかくと、皮疹が改善する可能性があるとのことです。

大阪大学病院皮膚科准教授の室田浩之先生によると、皮膚のバリア機能を構成する皮脂膜は、汗と皮脂が混じり合うことで形成される。つまりは、汗をかくことで、皮膚のコンディションを良く整えられるのではないかということのようです。

アトピー性皮膚炎の患者さんにとって、どのように汗を対処したら良いかについて、記事ではご指南されています。汗をかく上で、以下のようなポイントがあるそうです。

1) 汗をかく習慣をつける

アトピー性皮膚炎の患者さんは、発汗機能が弱まっており、汗をかかない生活をしているとさらに発汗機能が低下し、汗による皮膚バリア機能が低下している可能性があるそうです。

そのため、汗をかく習慣をつけるようにして、発汗しやすいような状態にしておくことで、皮膚のバリア機能を改善することができることができると考えられます。

2) 大量の汗をかいたらすぐに洗い流す

汗を積極的にかく上で、1つポイントがあります。大量に汗をかいた場合は、すぐに洗い流しましょう。

大量に発汗するときは汗管での再吸収があまり行われず、塩分が多くpHの高い汗が分泌されるそうです。つまりは、その”塩”により皮膚を刺激してしまうため、洗い流す必要があるようです。痒みが増強するようだったら、軽く汗を流した方が良さそうです。

すぐにシャワーを浴びれない場面であれば、塗れたタオルを当てて患部の汗を拭き取るだけでも効果があるそうです。

3) 保湿剤や抗炎症薬などの薬物療法

基本的なことですが、やはり保湿剤と抗炎症薬による治療は、併用して行う必要があります。特に、シャワーを頻回に浴びるようでしたら、そこで保湿剤はしっかり使いたいところです。

また、やはり汗や直射日光により刺激を皮膚に受けやすいので、抗炎症薬で痒みを抑えることも重要です。

以上の3点をご参考にしていただくと、アトピー性皮膚炎の改善につながるようです。くれぐれも熱中症にはご注意いただいた上で、この夏は汗をかいてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。