精神科医の診療と産業医による高ストレス者面談は大違い【産業医マニュアル】

最近、産業医になりたてという精神科医の先生の高ストレス者面談に同席することがありました。

要は、初めての高ストレス者面談なので、途中で助け舟を出す役割だったのですが、聞いていてなかなか興味深かったです。

精神科医による面談だと、まずは生活状況(朝何時に起きる、睡眠時間、土日の過ごし方など)、現在の体調など、ストレス要因について質問するまで、かなり細かいことを聞いていました。

すでにこの時点で予定時間を過ぎ、次の面談者が待っていましたので、さすがに助け舟を出しましたが、それが精神科医による面談、特に初診時の一般的な面談とのことです。

要は、「まず重要な核心部分は触れない」というのが鉄則だそうで、なかなかストレス要因に入りませんでした。

ですが、さすがにそれでは限られた時間で次々と面談をしていくことは不可能ですので、
・冒頭部の質問を少なくする。
・要点を絞って質問して、問題点の洗い出しや解決方法の提示方法を行う。
・診断や治療を行うのではなく、病状の把握をしっかりと行い、治療の必要性の判断や就業措置の検討を行う。
といったこと。アドバイスしました。

精神科医の診療と、産業医による高ストレス者面談は大違いなんだなぁと今更ながらに気付かされた一件でした。

また、やはり産業医経験が少ないと、社員の業務内容や人間関係についての悩みなどがイマイチ、ピンときていない様子でした。やはりこうした点は、色んな社員との面談を重ね、経験値を積まないとならないようです。

産業医の仕事にご興味がおありの先生方は、
リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

マイナビDOCTOR

民間医局
などに登録し、産業医求人情報をご紹介いただいてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。