ADHDの内服治療薬「メチルフェニデート」「アトモキセチン」の使い分け【非精神科医の産業医向け】

ADHDの内服治療薬としては現在、中枢刺激薬の「メチルフェニデート」(商品名 リタリン、コンサータ)と、非中枢刺激薬の「アトモキセチン」(商品名 ストラテラ)とがあります。

これらの使い分けについてですが、非精神科医ですと、実際に処方するわけではないので「よく分からない」というのが実情ではないでしょうか。ただ、産業医をしていますと、ADHDの社員と面談をすることもあり、「ストラテラを飲んでます」と言われることもあるわけです。

Medical Tribune 2018年9月6日号に掲載された「紛れやすい成人期ADHDの捉え方」によると、
・比較的早く効果を得たい場合は、メチルフェニデート
・シフト勤務者のように、夜間でも効果を持続させたい場合は、アトモキセチンを選択するといい。
・どちらか単剤で十分な治療効果を得られない場合は、併用療法も考慮する。
とのことです。ただ、メチルフェニデートについては、乱用、過剰処方が問題となっているということもあり、処方されにくいということもあるようですね。

なお、すでに小児期ADHDに対して保険適用されている、非中枢刺激薬グアンファシン(商品名 インチュニブ)も成人期ADHDに対する保険適用が申請されており、今後、処方される方も出てくる可能性がありますね。

グアンファシンについては、アトモキセチンよりも効果発現が速く、従来薬と異なり、食欲低下や体重減少の有害事象が見られないという利点があるようです。

オススメ求人情報

もし産業医業務にご興味があり、常勤産業医を目指されるという先生方、もしくは転職をお考えの先生方で、求人情報をお求めでしたら、次のようなサイトがおすすめです。



関連記事

大人の発達障害が「発覚」する2つのパターン-新卒入社、管理職就任時には要注意

発達障害の社員により職場で起こりうるトラブル


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。