「本音を聞き出す」という役割としての産業医【産業医マニュアル】

ここ最近、人事から「この社員の面談をお願いします」と、人事面談後に依頼されることが多くなりました。

不眠症状などがあり、メンタル疾患が疑われるために産業医面談を、という方もいらっしゃいますが、「人事的に突っ込んで聞きづらい部分があるので、本音を引き出してくれ」という意味合いで面談を振ってくるケースが増加してきました。

「会社にどんな不満を抱えているのか」「上司に対して本当のところどう思っているのか」「異動希望があるとして、どのような希望条件を持っているのか」…などなど、聞き出して欲しいことを事前に伝えられることもあります。

どうやら人事ですと、身構えることも多く、その点「産業医」だと気楽に話せるという方もおり、それを期待して「口を割らせよう」と人事側は考えているようです。

もちろん、産業医としても守秘義務がありますので、社員がNOと言えば伝えられませんが、大体の社員さんは「本当は会社側に知ってもらいたかった」という胸の内を語っているようで、許可取りをすると「伝えていいですよ」と言ってもらえます。

改めて思うのは、こうした話を聞き出す時に、「傾聴・共感」ということです。話をよく聴くという姿勢、そして相手の立場に立って共感すると、やはり話を引き出しやすくなると思います。

もちろん、本音ばかりを会社側へぶつけるのは望ましくありませんが、ある程度オブラートに包んだ上で会社側に伝えますと、「ああ、なるほど。本音はそこか」と理解してもらえ、社員さんも良きに計らってもらえることもありますので、その点、この「本音引き出し屋」としての業務は、意外と私は好きな仕事です。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。