医師こそ税理士に確定申告をお願いすべき3つの理由

確定申告シーズンですね。この時期、請求書の整理や書類作成でお悩みの先生方も多いのではないでしょうか。私も、昨年までは大変な思いをして書類作成を行っておりました。

そもそも、以下に該当される方は、勤務医であっても個人で確定申告を行う必要があります。

•2ヶ所以上から給与を支給されている方
•年収が2,000万円を超える方
•講演や執筆等の雑所得が20万円を超える方
•医療費控除や寄付金控除を受ける方
•不動産所得等がある方

該当しているのにも関わらず、していない方はぜひご確認された方がよろしいかと思われます。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)を用いて、仕訳作業自体はある程度、省力化できていましたが、それでも書類を揃えるのもいちいち「これで大丈夫かな…」と悩み、調べつつ作業を進めておりましたので、結構時間がかかっておりました。

今年度から、税理士に確定申告の依頼してみたのですが、本当に楽になりました。そこで、「医師こそ税理士に確定申告をお願いした方がいい」と思った次第でして、その理由を今回は書いてみたいと思います。

1) 多忙な中でのわずらわしい事務作業から解放される

特に臨床医の先生方ですと、御多忙な中、「なんでこんな事務作業しなきゃなららないんだ」と思いつつ確定申告の書類作成を行ってらっしゃると思います。

特に、そういう「事務作業」がお嫌いな先生方も多いのではないでしょうか。私もその例にもれず、とてもストレスを感じていました。そこで税理士に確定申告を依頼しますと、こうした事務作業から解放されるわけです。

今回、確定申告を依頼して、このメリットは非常に大きいと感じました。

2) 節税についてアドバイスしてもらえる

私はあまり税金について詳しくありませんでしたので、とにかく「何も考えず、ただ税金を払っていた」という状況でした。そこでiDeCo(イデコ)や、ふるさと納税のメリットについて説明していただき、さっそく始めました。

先生方も払う税金の額も大きいでしょうから、税理士へ支払う代金以上の節税効果が狙える可能性があります。また、基本的にはこうしたアドバイスは確定申告の代行料に含まれていることが多いです。ですので、新たな代金発生がなく、有用なアドバイスが得られるわけです。

私としましては、この節税アドバイスだけでも「依頼料を支払う価値はあった」と思えました。

3) 税務署からの指摘への対応をお願いできる

税務署から指摘を受けた場合、その対応を税理士にお願いできるというのも、とても大きなメリットです。

「痛くない腹を探られる」場合であっても、やはり税金についての素人ですと、おどおどとして上手く説明できない可能性があります。さらには、説明するにも色々と調べる必要があり、非常に時間がかかってしまいます。

こうした点も、税理士に依頼していると、とても安心ですね。

以上です。
収入などによって依頼料は異なるようですが、私の場合は12万円でした。
「高いな」と思われる先生もいらっしゃるかもしれませんが、私としましては、上記のようなメリットから、十分に見合う代金であると思われました。

毎年のように大変な思いをされている先生方は、ぜひ税理士に確定申告を依頼することをお勧めしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。