病院を辞める際に「外来患者の引き継ぎ」を行う上でのちょっとしたコツ

4月を前にして、転職や異動で「引き継ぎ」が活発に行われているのをよく見ますね。私も非常勤外来を行っておりますと、「あとよろしくね~」という感じで、去っていく先生が書かれた、カルテ上の「置手紙」をよく見ます。

そうした患者さんが診察の際、「なんの説明もなく、前の先生が辞めてびっくりした」なんて話をされますと、「ああ、色んなことがあって、この病院を辞められたんだなぁ」なんて思ってしまいます。

こうした患者さんの引き継ぎですが、外来ですとその人数は膨大でして、それぞれの先生に振ることは非常に大変です。そうした作業を残業してまで、本当にやらなくてはならないのでしょうか。

また、自分で「この患者さんはこの先生に」と割り振っていくと、「なんで俺が診なきゃいけないんだ」と言い出す先生が必ずいます。そこで最後の最後に禍根を残していくのも避けたいところです。

そこで、「あ、それ上手い方法だな」と思った先生の方法を今回はお伝えしたいと思います。それは、事務員の方やMAの方に「機械的に、均等に割り振ってもらう」という方法です。

何か文句を言われても、事務側が「他の先生も同じく担当していただいています」と申し開きをしてくれることで、トラブルは避けられます。さらには、膨大な引き継ぎ作業をいくらか減らすこともできます。

もちろん、医療事務側に負担をお願いしてしまうことになるのですが、「どうしても割り振りに困る患者さんがいたら、しっかり相談に応じます」とお話しておいた上で、「カルテ上の引継ぎ書の内容を充実するため、どうしてもほかの先生方への割り振りはお願いしたい」といった理由を説明すれば、納得していただけるのではないでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。