産業医の採用面接対策

産業医の採用面接対策

産業医が応募した求人で「その企業のファン」というのは意外とアピールになり得ます【医師転職】

産業医の求人に応募する場合、基本的には「年収、週の勤務日数、勤務地などの希望条件と合致するか」で選んでいる方が多く、あとは「業種」「企業としての安定性」などを気にする方もおられるでしょう。 ですので、その企業の商品やサービスにどの程度...
産業医の採用面接対策

産業医の出張回数・場所は採用面接でしっかり確認しておくべき理由【産業医転職】

産業医として、本社勤務しながら、支社や子会社の衛生委員会、職場巡視を依頼されることはよくあることだと思います。 ですが、その出張回数や場所によっては、「毎日のように外出があるのしんどい」「え?こんな辺鄙な場所なの?帰宅時間遅くなっちゃ...
産業医の採用面接対策

産業医の採用時面接は応募した方にとっても「人事担当者の人柄を見る」チャンスです【産業医転職】

産業医の採用時面接では、基本的に二段階のところが多く、まずは人事労務担当者・人事課の課長・すでに入職している産業医レベルとの面談、次の面接に進むと、部長・役員レベルとの面談といったことになることが多いと思われます。 そこで、応募した側...
産業医の採用面接対策

企業が「体制強化」目的で出している産業医求人で内定を勝ち取るためには【産業医転職】

産業医の求人票を見ていますと、求人を出す目的として「体制強化」と記載してあるものを目にします。既に産業医がいて、「もう一人産業医を追加する」といった目的で出している求人ですが、こうした企業に応募する場合、どのような戦略を立てたらいいでしょう...
産業医の採用面接対策

産業医の求人で「受け持つ従業員数」を把握しておくのは重要です【産業医転職】

常勤産業医で言いますと、おおよそどのくらいの社員数を把握するのかというのは重要です。というのも、その数によって健診判定の数、面談数(長時間勤務者面談、ストレスチェック後の面談を含む)などが決まってくるわけですので、業務量のバロメーターになる...
産業医の採用面接対策

面接対策!企業に採用されやすい産業医の3つの特徴とは【産業医転職】

企業の産業医採用面接では、様々な質問をされます。その質問により、人柄や実務能力、問題解決能力などを見ているわけですが、採用面接を突破し、内定を得やすい産業医とはどのような人でしょうか? 多くの求人票であったり、実際に入職してみて話を聞...
産業医の採用面接対策

産業医の採用時面接を受ける前におさらいしておきたい「産業医の業務内容」とは【産業医の採用時面接対策】

産業医の採用時面接で、未経験者であれ経験者であれ、「産業医の業務内容」というのは当然把握しているものとして話が進められていきます。 また、2019年4月から、働き方改革関連法の成立に伴い、産業医等の業務内容を労働者へ周知することが必要...
産業医の採用面接対策

産業医として「採用されやすい」医師の特徴【産業医転職・面接対策】

産業医の採用面接というのは、基本的に「1枠」を奪い合うということや、常勤産業医を応募するような企業が少ない=求人数も少ない、ということもあり、厳しい戦いとなることが多いです。 では、そんな比較的買い手市場の「産業医の採用面接」で、採用...
産業医の採用面接対策

保健師の採用面接でも問われる「3管理とは何か」という質問に答えられますか?【産業医転職】

ツイッター上で、 採用面接のとき、3管理について問うと、「は?」という顔をする人が時々いて、そういう方はご縁がないとお断りしてると上司(保健師)が言ってました。つまり産業保健を単に「会社で行う看護業務」と捉えて門を叩く方が時たまいらっしゃ...
産業医の採用面接対策

臨床医から「なぜ産業医になるの?」という志望動機は転職活動の開始前に考えておいた方が良い理由

私も臨床医から産業医になりましたが、応募した企業の面接で「臨床医に戻る可能性はありますか?」という質問を投げかけられました。 産業医未経験の医師が応募してきて、企業側としては「すぐに辞められたら困る。本当に産業医をやっていくつもりがあ...
タイトルとURLをコピーしました