臨床医から産業医への転身ー採用面接で必ず質問される「どうして産業医に?」という質問にどう答えるべきか【医師転職】

某医師掲示板に、「外科医から産業医への転身を考えていて、面接でどのような質問がなされるのか気になります」というスレッドが立てられていました。

採用面接でほぼ必ず質問されるのが、

・どうして産業医になろうと思われたのですか?

・なぜ弊社に入職をご希望なのですか?

の2つの質問だと思います。志望動機にまつわるものはやはり外せないものだと思いますが、ここはぜひアピールしたいところです。

では、「どうして産業医になろうと思われたのですか?」という質問ですが、本音では「臨床医はもう体力的に無理なので。産業医は楽でしょ?」と思っていても、決してそのことは口にしてはいけません。信じられない話ですが、以前、転職エージェントの方に伺ったところ、本当にこのようにお答えになったドクターがおられたそうです。

「どうして産業医に?」という質問には、恐らく「なんでわざわざ臨床医やめて産業医になるの?」という意味合いが含まれています。さらに言えば、「臨床医はもう無理なんで」という消極的な理由よりは、「ぜひ産業医として勤務したい!」という積極的な理由が求められていると思われます。

「積極的な理由」ということで言えば、よく用いられる志望動機として、

・外来で患者さんを診ている内に、勤務の忙しさからなかなか生活習慣病の治療に取り組めていない方々を多く見かけるようになったので、産業医という立場でそのような社員さんを一人でも多く重篤な病気にならないようにしたいと思ったから。

・身内が、健診で受診するよう指示されていたにも関わらず、受診せずに放置してしまった。その結果、糖尿病の合併症で人工透析をせざるを得なくなってしまった。このようなことが社員さんに一人でも多く起こらないように産業医としてサポートしたいと思った。

・様々な重篤な疾患を発症して入院する方々を診て、「こうなる前に防げたはずでは…」と思うことが多々あった。そのような方々を産業医という立場で一人でも救いたいと思った。

・産業医の講習会を受講する機会があり、そこでの話で産業医という仕事に魅力を感じたから(当然のことながら、講習でどのような内容が話されていたか、しっかり用意してから面接に臨みましょうね)。

などがあるかな、と思います。ちなみに、一次面接と二次面接で異なることを言ってしまうと「ん?ウソついてないか?」と思われてしまう可能性がありますので、しっかりと「一次面接ではどのようなことを話したか」ということはメモしておき、齟齬が生じないようにご注意いただければと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。