医師転職を支援する会社比較「CB net DOCTOR」編

オススメ度

★★☆☆☆ 2/5 登録を検討してもいいと考えられる転職支援会社

会社概要

CB net DOCTOR」は、株式会社キャリアブレインが運営する医師転職支援サービスです。1999年7月に設立されています(非上場)。Yahoo!ニュースなどにも掲載している、「医療介護CBニュース」を運営している会社でもあります。

全国18箇所に支社があり、従業員数は総勢180人、売上高は17億円(2015年3月)であるそうです。

特徴

CB net DOCTOR」では、「スカウトシステム」という、自ら匿名でプロフィールを公開し、医療機関からのスカウトを受けることができるシステムがあります。また、「自己応募可能求人」という制度もあり、こちらも匿名で自ら問い合わせ・応募が可能となっています。

こうした制度のメリットとしては、エージェントを介さずに問い合わせできるため、時間を短縮して転職活動ができる点です。また、「転職活動している」と知られずに済み、匿名で問い合わせできるのは大きいですね。

また、医療・介護施設などのクチコミサービスもあり、どのような雰囲気なのか、働いてみてどうなのか、といったクチコミを確認することができます。

CB net DOCTORが向いている人、不向きな人

エージェントを介さずに「自分のペースで転職活動したい」といった方や、エージェントとやりとりせず、「まずはどんな求人があるのか、情報だけを知りたい」といった方は向いてるのではないでしょうか。

できることならば、エージェントと相談しつつ転職活動をしたほうがいいと思われますが、「転職は初めてじゃないし、どんな感じか分かってる。やりとりせずに、自分で動きたい」という方がいらっしゃるのは確かでしょうね。

なので、2回目以降の転職をお考えの方には、「スカウトシステム」「自己応募可能求人」といったシステムはありがたいと思われます。ですが、初回の方は、ぜひコンサルタントの方を介して転職をされたほうがよろしいかと存じます。

CBネット


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。