「いざという時」のための医師賠償責任保険、入ってない先生っているの?

スポンサーリンク

医師賠償責任保険と言えば、自分の医療行為により、患者さんの健康を害するような時、その損害賠償、被害者の治療費、休業補償費、訴訟費用…といったことに対し、補償を行う保険ですね。

こうした医療保険は、研修医の時に働き始める際、説明があって「みんなも入るから」といった理由で入ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

私も、幸いにして保険金を請求するような事態には陥ってませんが、やはり「万が一にも…」「いざとなったら…」といった時のために入っておこうと思っております。クルマの保険と同じような感覚ですかね。

ですが、実際、入っていない先生もいらっしゃるようです。とある調査によると、10%程度の先生は入っておられないとのこと。当然のことながら、外科医の先生方など、リスクの高い先生方は入っている傾向にあるようですが、自分としては入っていない先生方がいらっしゃることに、ちょっと驚きでした。どうやら、高齢の先生方が比較的未加入の方が多いようです。

年間、3~5万円の出費というのは、ちょっと痛いですが、やはり保険をかけているのといないのでは、大違いのような気もします。実際に請求されたことのある方は、加入者の1%にも満たないとのことですが(そんなに請求されてたら、保険業として成り立たないですからね)、どれぐらい払われたのか気になるところですね。

本日、ちょっとファイナンシャルコーディネーターの方と話をする機会があったため、ちょっと保険について書いてみました。

ちなみに、生命保険やがん保険など、様々な保険については、やはりファイナンシャルコーディネーターに聞くと、安くなったり、不要な保険を指摘してもらえたりするようです。

もし気になるようでしたら、「保険の森」でご相談されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

未分類
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました