日本の産業医専任の歴史

産業医がどのように専任されるか、その日本での歴史についてまとめてみました。
工場法→労働安全衛生法という法律の制定が行われた歴史背景には、高い労働災害発生率・死亡率がありました。労働安全衛生法制定により、企業努力が行われ、労働災害発生率・死亡率の低減が行われました。

6144592721_8acc939b49

1938(昭和38)年:工場法にて工場医の専任を義務付け(常時500人以上の職工を使用する工場)

1940(昭和15)年:100人以上の職工を使用する場合に工場医の専任を義務付ける。

1947(昭和22)年:労働基準法(工場法は同時に廃止)に基づく労働安全衛生規則による、衛生管理者(医師および医師以外)の専任義務。製造業等においては常時30人以上、その他の事業では常時50人以上の労働者を使用する場合。

1972(昭和47)年:労働安全衛生法の制定にて、産業医の専任義務(常時50人以上、常時1,000人以上の事業場または一定の有害業務に常時500人以上従事させる事業場は専属の産業医を選任。常時3,000人以上の事業場は2人以上専任)

1996(平成8)年:労働安全衛生法の改正:産業医は労働者の健康管理を行うのに必要な一定の要件を備えた者でなければならない。産業医の勧告権。

2006(平成18)年:産業医の職務に「面接指導等」を追加。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。