産業医の復職判定面談でした方が効率的な2つの「前置き」とは【産業医マニュアル】

産業医として面談をしておりますと、病気や怪我で休職されていた方が復職する際、「復職の判定面談」を実施します(休職されていた方を、全例対象とするわけではありませんが)。

その復職判定面談ですが、いきなり本題に入っていきますと、ただでさえ産業医面談に「復職させないつもりなのでは…」と疑心暗鬼になっている方や、緊張しやすい方ですと、なかなかお話をしてくださらない社員さんがおられます。

そのため、まずは自己紹介をした後に「前置き」をするようにしています。その方が警戒心も解け、効率的に話をできると思われます。さて、その「前置き」とは以下のようなものです。

まずは面談の目的について、「この面談では、休職されておられる方を対象に、病気や怪我でどのような経過を辿ってこられたのか、現在の状態はどうなのか、復職にあたって問題はないかといったお話を伺っております。また、復職にあたっては残業禁止など、就業上の制限をかける必要がある方もおられるため、そのような制限が必要かどうか、改めて話し合いの上、検討させていただければと思います」と、一通り説明しています。この説明で、おおよそ「どんなことをするのか」という目的がはっきりすると思われます。

産業医にとっては日常ですが、社員さんにとっては「初めての復職判定面談」ということが多いわけで、「この面談、一体なに?」と思いつつ、ドキドキしながら面談室に来られるわけです。そこで、あらかじめどんな面談なのか、というのはお伝えした方がよろしいかと思われます。

また、その上で復職についての診断書について触れます(事前に診断書を受け取っている場合)。「すでに主治医の先生からの診断書を受け取っており、○○日から復職可能という旨は伺っております」と触れ、「復職可能と診断されていることは知っていますよ」ということに振れるようにしています。

というのも、「復職させるのか?させないのか?」と不安や心配を抱いている社員さんもおり、「主治医の先生はOKを出していますものね」と、念押しすることで、その不安感、心配を少し解消できる効果があると思われます。

こうした前置きの後、話を聞いていくわけですけども、こうした前置きに加え、復職判定にあたっては「根拠を明確に」するように心がけています。

復職可能であればさほど揉めませんが、「休業継続を要する」もしくは「就業制限が必要」ということに関しては、根拠があやふやだと反発されたりする可能性があります。そのため、休業が必要な理由や、就業制限が必要な理由については、「○○だから」という理由づけをハッキリするようにしています。

こうしたことを意識するようになってから、復職判定面談で話が遅々として進まないといった状況や、判定をめぐって延々と粘られたり…と困ってしまうようなことはなくなったように思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。