40代の医師が転職で泣かないために-求められているのは「経済感覚」「部下の指導力」

日経メディカルの「40代転職 成功の鍵」が、簡潔ながら非常に的を射た記事でしたので、ご紹介させていただきます。

40代医師と30代医師では、求められているのものが大きく異なります。そのため、それぞれが転職した後、どのようなことに注意して診療にあたればいいのか、というのも違います。

30代であれば、それなりに診療もできて、「上司に可愛がられる、使い勝手の良い医者」であれば重宝されます。ですが、40代ともなると、そうも言ってられなくなります。中堅以上の医師ともなると、科を管理する立場になってくるわけですね。

そこで重要なのがまず、「経済感覚」だそうです。病院と言えども、慈善事業ではないため、利益を生まなければ成り立ちません。そこで、コストのバカ高い、利益の少ない治療ばかりを行っていたら、病院の経営側からすれば「使えない医師」とレッテルを貼られてしまうわけですね。

そこで、40代の医師では、科の経営を念頭に置き、コストや利益の兼ね合いを理解していることが求められるということですね。

もう一点は、「部下の指導力」だそうです。まさに「管理職」といった感じですが、部下が続々と辞めていくような科では、成り立ちません。優秀な医師が長らく勤められる環境づくりといったことも重要なようです。

40代医師、しかも管理職待遇での転職ともなれば、求められるハードルはかなり高いです。契約更新制の場合、「次期の更新はありません」と言われないためにも、こうした点はしっかり認識しておく必要がありそうですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。