産業医面談で「自分の置かれたポジションで頑張り続ける」ことは自分を追い込みかねないと思った理由【医師転職】

40代の課長の方が産業医面談にやってこられました。仕事ぶりは非常に真面目で、話し方もソフト。部下にも優しい一方、あまり「仕事を振る」ということが苦手なタイプでした。

部長から「体調が思わしくないようだから」と人事に相談があり、人事から「産業医面談を受けるように」と課長に指示したようです。

業務量も非常に多い部署であり、次々に部下が退職していく中で、課長も次第にメンタル疾患が悪化していきました。もともと精神科に通院しておりましたが、主治医からは「もう薬は増やせない。あとは業務負担を軽減するしかない」と言われたそうです。

課長からメンタル疾患の病状が思わしくないと相談され、ついに部長は人事に掛け合い、「彼を異動させよう」という話になったようです。

そこで私が課長と面談をすることになったわけですが、彼は「もともと向いていない仕事であるとは思っていましたが、与えられた仕事を全うしようと思って…」と話していました。合っていない、いないと思いつつも耐え続けた彼のストレスは察して余りあるものだな、と思いました。

その一方で、「自分の置かれたポジションで頑張り続ける」ことも美徳ではあると思いますが、その一方で自分を追い込みかねないものだと改めて思った次第です。実際、すんなりと彼の異動が決まったわけで、ポジションは他にもあったということです。

医師の場合、他の病院へ勤務するまでは「同じ科、同じ顔ぶれ」で働き続けることになります。そこで人間関係がこじれると、とても大変なことになります。また、誰かが辞めるとその業務負担は他の人員が入ってくるまで自分たちにのしかかってくることになります。

そんな時は、「ある程度耐えれば状況が変わる」という見通しがあればなんとか我慢できますが、そうでない場合は非常に高いストレスを感じることになります。我慢し続けることで、もしかしたら心身の不調を感じてくるかもしれません。そのような場合はやはり、別の職場を探す、ということも手だと思います。

もし現在、転職を考えるほど思いつめておられるようでしたら、まずはどんな求人があるか調べてみるだけでもしてみませんか?リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談すれば、どのような求人か、詳しく教えてもらえますよ。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。