突然の産業医「契約終了」通告に慌てないために準備しておきたいこと

産業医は「1年ごとの契約更新」であったりすることが多いです。そのため、「契約終了」と突然に言われてしまうこともあります。理由は様々でしょうけれども、人事や経営状態、人員減少など、そうした理由で「クビ」を言い渡されることがあります。

半年も前から「契約終了ですよ」と言ってくれることは稀で、長くて2~3ヶ月前ではないでしょうか。4月に契約更新とするところが多く、1~2月に「もう更新しません」と言われるわけですね。

「クビにされることはない」とたかをくくっていると、大変なことになる可能性があります。そのため、不測の事態に準備しておくことが重要ですね。今回は、そんな通告への準備について、書いてみたいと思います。

1) 人材紹介会社の連絡先

もしその会社を紹介してくれたのが、人材紹介会社でしたら、再びその会社にご相談していただくのがよろしいのではないでしょうか。

よく知っている担当者とやりとりをして、新たな求人先をご紹介してもらう方が、新規の人材紹介会社に一から登録するよりも簡単ですね。話も早いので、スムーズに就職活動が進むと思われます。

2) 履歴書・医師免許証/産業医認定書のコピー

また必要となりますので、履歴書、医師免許証/産業医認定書のコピーなどを用意しておくべきかと考えられます。これらは複数の求人先に提出すると思われますので、何枚かコピーをとっておきましょう。

3) 家族への話

家族に対し、まったく契約更新の話をしておらず、急に「クビになる」とはなかなか言いづらいものです。そこで、「契約更新時期が、4月にやってくる」といったことをあらかじめ話をしておくと、万が一「更新されない」となったときも、話をしやすいと思われます。

転職活動のときもそうですが、急に話を切り出したりすると、思わぬ家庭不和を招いてしまうかもしれませんので、しっかりと話をしておきましょう。

以上です。
当たり前のことですが、抜けていると慌ててしまうこともあります。特に、人材紹介会社・担当者の連絡先は、しっかりととっておくことをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。