急性期病院での勤務は10年以上必要?そんなの人それぞれだと思いますけどね

「一人前の臨床医になりたいなら、卒後最低10年は急性期病院で研鑽せよ」なんてことを言ったりしますが、本当にそんなに必要なんでしょうか。

中には、「急性期疾患をとにかく診たい!」という先生もおり、「当直、救急対応、オンコール、いつでもなんでもござれ」という感じかもしれませんが、皆さんそうとは限りません。

もちろん、3次救急病院で得るものも多いでしょう。初期研修から後期研修を急性期疾患の多い病院で過ごすのは大切なことかも知れません。ですが、「急性期を診たいわけではない。じっくりゆっくり、慢性期を診たい」という先生が、10年我慢し続けなければならないとは思えないわけです。

そもそも、急性期疾患を診るのに必要な知識・手技や、慢性期疾患を診るのに必要なそれは同じではありません。「将来、慢性期病院で長く勤めたい」「リハビリテーション病院で勤めたい」という方にとって、救急病院に居続けるのは、必ずしもプラスではないと考えられます。

「専門医をとったから」「家族との時間を大事にしたい」「もう急性期を診るのは疲れたから」「後に救急病院に戻るかもしれないけど、一休みしたい」といった様々なタイミングがあると思いますが、それぞれの選んだ「転職したい」と思った時期に転職を行うということで、全て正解だと思います。

無理をして10年、3次救急病院に居続ける必要はないと思いますよ。私を含め、心身を摩耗して働くことが苦手な人もいます。その人にはその人に合った仕事があり、全て画一的に道を決めなければならないということはないと思います。

もし転職をお考えならば、
リクルートドクターズキャリア
医師転職ドットコム
エムスリーキャリア
などに登録し、キャリアエージェントと相談してみてはいかがでしょうか。きっと、一気に視野が広がる経験をすると思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。