「転職失敗を繰り返す」時に振り返ってみるべきこと【医師転職】

「医師が転職する」ということになりますと、中途入社の会社員同様、「即戦力で働ける」「上司や同僚たちと協調して働ける」ということが少なからず求められます。

一方で、「即戦力で働ける」からと言って「協調性がなくていいか」というわけにもいかないでしょうし、その逆もまた然りです。その辺はバランスであったり、あるいは職場のニーズというところになってくるかと思われます。

では、「転職失敗を繰り返してしまう」ということで考えますと、やはり「協調性がなくて周囲と上手くやっていけない」「上司への報連相が上手くできておらず、良好な関係を築けない」といったことが原因であることが多いように思われます。

この点、心当たりはないか、やはり振り返ってみる必要があるかな、と思います。かと言って、「誰にでも人当たりよく、感じよく接する」というのはなかなか難しいところかな、とは思われますが、少なくとも「挨拶もしない」「自分からコミュニケーションをとろうとしない」といったことですと、悪印象を抱かれないので、変えていく必要があるかな、と思います。

「誰とも関わらず仕事をする」ということはやはり不可能ですので、どこに行っても人間関係というのはついてまわるものです。ですので、「転職失敗を繰り返す」ということがありましたら、今までの職場での振る舞いや言動などを振り返ってみる必要があるかな、と思います。

ただ、ご自身ではなかなか反省すべきポイントなどは気づきにくいものです。そんな時は、ぜひ転職活動の際にリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントにご相談いただいてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました