医師の皆さん、「好きなこと」から診療科や転職先の病院を選ぶと失敗しますよ

スポンサーリンク

初期研修医の皆さんは、診療科で迷ってらっしゃるかもしれませんね。内科/外科/マイナー科といったことは決めていても、「将来どこの科にするのか」といったことを研修前からハッキリ決めていて、一度も迷わないなんて人は少ないんじゃないですかね。

かくいう私も研修中に悩んでいました。内科医というのは決まってましたが、循環器、呼吸器、神経内科などで悩んで、なかなか決められませんでした。その中で呼吸器科を決めた理由は、その科に所属する医師が結構な数おり、直属の指導医との年齢差が離れすぎておらず、働きやすい環境だったからです。

一方、循環器科は人の出入りが激しく、上司との年齢差がかなり離れていました。若手もなかなか寄り付かない雰囲気。神経内科は、それに輪をかけて医師数が少なく、オンコールで頻繁に呼び出されるのが目に見えてました。

…という消去法的な決定方法でした。「好きなこと」から選んでいたら、神経内科だった可能性もあります。ですが、長くは続かなかったでしょうね。

転職先の病院を選ぶ際も、どうようなことが言えると思います。「この点が好き!」ということで病院を選ぶと痛い目に遭います。「年収が良い!」だけで病院を選ぶと、働きだした途端、どんなことが待ち受けているか、考えただけでも恐ろしい(笑)

しっかりと、人員は足りているのか、実際の働く様子を想像して不都合がないかなど、地に足の着いた判断をすべきだと思います。

「好きなこと」から診療科や転職先の病院を選ぶと失敗しますよ。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました