「ドロップアウト研修医」「ドロッポ医師」になった先生方こそ、チャンスですよ

スポンサーリンク

「後期研修を途中でドロップアウトした」「忙しすぎて、勤務していた病院を辞めた」など、いわゆる”ドロッポ医”の先生方も少なくないと思います。

そんな先生方、「自分なんて…」と卑下するのはもったいないですよ。同期や上級医と自分を比べ、プライドをボッキリと折られたり、厳しい勤務に耐え切れなかったからと言って、そこで諦めるなんて、もっての外です。

大学を卒業して、初期研修終了後、後期研修、そして専門医・指導医の資格をとって…などという既定路線のような決まりきった医者にならなかった先生方だからこそ、他とは違う道を進むことができるんじゃないですかね。

みんなと同じ道なんて、面白くないですよ。
せっかくとった医師免許、その価値を最大化させない手はありません。どんな道であれ、自分の価値を最大化させる方策を考え、やりたいことを見つけていけば良いと私は思います。

もしやりたいことが仕事の中にないのならば、「産業医で時間外・土日完全フリー」という環境で、プライベートを充実させるのも良いじゃないですか。非常勤のバイトを少し頑張るだけで、同年代の医師と年収なんてそんなに変わりません。

ドロップアウトしたくても、なかなか踏ん切りがつかなくてドロップアウトできない人も多いです。そんな人々の中で、”ドロッポ医”になったということも、一つのチャンスです。今こそやりたいこと、探してみませんか?

そしてもし働き口を探すのなら、自分だけでなく、人材紹介会社のキャリアエージェントを頼るべきです。自分の価値を最大化する方法を一緒に考えてくれますよ。

エムスリーキャリア
リクルートドクターズキャリア
JMC
などのキャリアエージェントが、きっと力になってくれます。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました