「ドロップアウト研修医」「ドロッポ医師」になった先生方こそ、チャンスですよ

「後期研修を途中でドロップアウトした」「忙しすぎて、勤務していた病院を辞めた」など、いわゆる”ドロッポ医”の先生方も少なくないと思います。

そんな先生方、「自分なんて…」と卑下するのはもったいないですよ。同期や上級医と自分を比べ、プライドをボッキリと折られたり、厳しい勤務に耐え切れなかったからと言って、そこで諦めるなんて、もっての外です。

大学を卒業して、初期研修終了後、後期研修、そして専門医・指導医の資格をとって…などという既定路線のような決まりきった医者にならなかった先生方だからこそ、他とは違う道を進むことができるんじゃないですかね。

みんなと同じ道なんて、面白くないですよ。
せっかくとった医師免許、その価値を最大化させない手はありません。どんな道であれ、自分の価値を最大化させる方策を考え、やりたいことを見つけていけば良いと私は思います。

もしやりたいことが仕事の中にないのならば、「産業医で時間外・土日完全フリー」という環境で、プライベートを充実させるのも良いじゃないですか。非常勤のバイトを少し頑張るだけで、同年代の医師と年収なんてそんなに変わりません。

ドロップアウトしたくても、なかなか踏ん切りがつかなくてドロップアウトできない人も多いです。そんな人々の中で、”ドロッポ医”になったということも、一つのチャンスです。今こそやりたいこと、探してみませんか?

そしてもし働き口を探すのなら、自分だけでなく、人材紹介会社のキャリアエージェントを頼るべきです。自分の価値を最大化する方法を一緒に考えてくれますよ。

エムスリーキャリア
リクルートドクターズキャリア
JMC
などのキャリアエージェントが、きっと力になってくれます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。