「当直がとにかくイヤ」で病院側との交渉が上手くいかない場合にどうすべきか【医師転職】

某医師掲示板に、50代の医師が「当直がとにかくイヤ」ということで免除してもらえないかと交渉を考えていたところ、同年代の医師だけでなく、若手医師からも反発を招いてしまったとのスレッドが立てられていました。

その交渉内容というのが、「基本給を下げてもらっていい」あるいは「当直代は要らないから月に1回だけにして欲しい」としたいと考えていたようです。前者は給与が下がることを恐れた同年代の医師から反発を受け、後者は当直代が下がることを恐れる若手医師からの反発を招いてしまったとのこと。

病院側への相談結果では、「他の医師と相談して下さい」との回答であり、医師たちの理解が得られないと、免除にはしてもらえなさそうです。

私は研修医の時から当直が苦手で、睡眠リズムが崩れて不眠症を引き起こすきっかけとなってしまいました。

当直代を稼ぎまくっていた同期には不思議がられましたが、苦手なものは苦手なのです。いつ鳴るか分からないPHSが近くにあり、仮眠すらとれない日々…もう二度と急性期病院の当直は無理だなぁと思っています。

若手の時からそうである人もいれば、あるいは50代を迎えて「年齢的にキツイ…」ということで、当直免除を申し入れするドクターも多いようです。それが受け入れられるケースもあれば、上記のように難しいケースもあるでしょう。

ただ、やはり無理を押しての当直は体力的にも、精神的にも負担となり、思わぬところで医療事故を起こすきっかけにもなると思います。それならば「当直・オンコールなし」病院への転職をお考えになった方がよろしいかと思います。

その病院内では当直は義務かもしれませんが、他の病院では義務でも何でもなく、免除して受け入れをしてくれるところもあります。ですので、現在の病院によほどの事情でしがみつく必要があることを除いて、転職を視野に入れた方がいいのでは、と思います。

少なくとも、まずはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談して、求人を紹介してもらってから考えてみてもいいのではないかと思われます。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。