東京都の生命保険会社で「産業医+社医」勤務、年収1500万円まで狙える求人がエントリー募集中です(2023年7月)

産業医募集の求人の中には一部、「社医」も含まれています。社医とは、「生命保険会社で保険医務に従事する医師」のことを指すそうですが、さらにこの働き方としては、2パターンに分かれるようです。

・産業医+社医→産業医の一般的な業務に加え、診査業務(保険加入希望者に対し、健康状態をチェックして申込みに対する諾否を決める)を行う。

・社医業務のみ→査定業務(生命保険契約の引受可否や、保険金や給付金の支払可否を判断する)や研究業務

ということのようです。今回の求人については、前者の「産業医+社医」業務になるようです。

勤務条件

年収は、1000万円~1500万円とのことですが、勤務日数は週5日固定とのことで、1200万円~が臨めるのではないかと予想されます。勤務時間は、9:00~17:00と、8時間以内となっていて、その点も働きやすいと思われます。

やや他の産業医求人と異なり、「北陸方面や北関東など、他県への出張」があるそうです。この点、やはり「診査」業務で出向く必要があるとのことで、毎月固定で出張があるというわけではなさそうです。

なお、診査にはお客がやってくる「来社診査」と客先へ出向く「往診」があるそうです。この来社診査と往診は、医師同士の当番制でやっているというところが多いようです。

往診など、「外出・出張があった方が、リフレッシュできていい」というドクターにはありがたいかもしれませんね。

支社の担当も大手企業ですと結構数があり、衛生委員会・職場巡視を行ってそこから直帰、というようなイメージではないかと思われます。

求人がオススメできるドクター

社医の仕事に興味はあっても、「未経験で不安」という方には、仕事を覚えるとっかかりとなる求人となりそうですね。

また、産業医だけというよりも年収アップが期待できるので(大手有名企業ということもあり)、「産業医二社目」でステップアップを図りたいという方にとってもオススメできる求人になっているかと思います。

もしご興味がありましたら、エムスリーキャリアに求人が掲載されておりますので、一度、お問い合わせいただいてはいかがでしょうか。

「保険会社の社医」の実際の仕事・求められる医師像とは
m3.comに「退局して34歳で保険会社の社医に」という記事が掲載されていました。 日本保険医学会 西川征洋会長のインタビュー記事であり、保険医の業務について、とてもよく分かる内容となっています。 保険医の業務としては、大別して...
産業医に他の業務を「+α」した3つの働き方
産業医の仕事と言いますと、「会社の中で、面談したりする仕事」といったイメージがあるかもしれませんが、実は「産業医のみ」の求人以外に、いくつかのバリエーションがあったりします。 「会社の中で、いつも同じ仕事だと飽きちゃうかもなぁ…」とい...
タイトルとURLをコピーしました