中年研修医の進む道-40代だと精神科ほぼ一択?

スポンサーリンク

以前に比べて少なくなりましたが、多浪・多留で初期研修医ですでに30代後半~40代という方もいらっしゃいます。また、社会人を経験してから医学部に再入学されて「中年研修医」となられた方もいらっしゃるはずです。

こうした他の研修医に比べて年齢が高いと、まずはマッチング試験の時に苦労します。人気の研修施設は、やはり体力面などを考え、若い研修医をとりたいといったことを考える傾向にあります。

さらには、初期研修を終えた後にも、科目の選択も幅が狭められるということがありますね。外科医になる方もいらっしゃるでしょうが、10年ほど実績を積むとすれば、40代の方は50代となってしまいます。

また、内科であっても、後期研修医であればオンコールや当直回数も先輩医師に比べて多かったりするわけです。特に、カテーテル手術など急性期治療を行う循環器内科、夜間の呼び出しなどが多い消化器内科は、選択する人が少ないと考えられます。

結果、精神科に落ち着く方が多いようにも思います。体力面もディスアドバンテージになりづらく、多浪・多留ではなく、社会人経験がある方であれば、その経験を活かし、患者さんの気持ちを汲むことができると思われるといった理由が、そこにはあるようです。また、他科に比べて研修期間も短く済むといったことも関係しているでしょうね。

また、精神科で研修を行い、そこから従業員の方のメンタルヘルス問題をとり扱う産業医になるといった道もあると思います。

もちろん、夢を叶えるといったことや、希望の科があり、それを否定するということではありませんが、ご自身のキャリアや将来性などを考えることも、重要ではないかと思う次第です。

また、後期研修の研修先探しにお困りであったり、もしドロップアウトによって再度、後期研修先を探すようなことがあれば、「リクルートドクターズキャリア」などで相談されることをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました