中年研修医の進む道-40代だと精神科ほぼ一択?

以前に比べて少なくなりましたが、多浪・多留で初期研修医ですでに30代後半~40代という方もいらっしゃいます。また、社会人を経験してから医学部に再入学されて「中年研修医」となられた方もいらっしゃるはずです。

こうした他の研修医に比べて年齢が高いと、まずはマッチング試験の時に苦労します。人気の研修施設は、やはり体力面などを考え、若い研修医をとりたいといったことを考える傾向にあります。

さらには、初期研修を終えた後にも、科目の選択も幅が狭められるということがありますね。外科医になる方もいらっしゃるでしょうが、10年ほど実績を積むとすれば、40代の方は50代となってしまいます。

また、内科であっても、後期研修医であればオンコールや当直回数も先輩医師に比べて多かったりするわけです。特に、カテーテル手術など急性期治療を行う循環器内科、夜間の呼び出しなどが多い消化器内科は、選択する人が少ないと考えられます。

結果、精神科に落ち着く方が多いようにも思います。体力面もディスアドバンテージになりづらく、多浪・多留ではなく、社会人経験がある方であれば、その経験を活かし、患者さんの気持ちを汲むことができると思われるといった理由が、そこにはあるようです。また、他科に比べて研修期間も短く済むといったことも関係しているでしょうね。

また、精神科で研修を行い、そこから従業員の方のメンタルヘルス問題をとり扱う産業医になるといった道もあると思います。

もちろん、夢を叶えるといったことや、希望の科があり、それを否定するということではありませんが、ご自身のキャリアや将来性などを考えることも、重要ではないかと思う次第です。

また、後期研修の研修先探しにお困りであったり、もしドロップアウトによって再度、後期研修先を探すようなことがあれば、「リクルートドクターズキャリア」などで相談されることをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。