医師偏在は強制性をともなう施策で改善すべきか?

宮崎日日新聞に諸塚村の地域医療を支える諸塚診療所の黒木重三郎先生のお話が掲載されておりました。御歳86歳の先生を含めた常勤医2人、宮崎大や村外病院からの非常勤医、救急や入院患者の受け入れ体制をなんとか維持されているとのこと。

黒木先生は、「地域医療は熱意のある医者じゃないと務まらない。そういう医師の養成、確保を国が政策的に位置付けないと、へき地の状況はいつまでたっても同じ」とおっしゃっておられ、江藤事務長も「すべての医師が2~3年、地域医療を経験するような実効性を持ったシステムを構築すべきだ。ある程度の強制力を持った仕組みをつくらないと医師の偏在は解消されない」とコメントを寄せています。

地域医療を専門医の受験資格に取り込む、初期研修の一環として地域医療を体験させる、といったことが考えられてもいるようですが、私としてはこの強制性をともなう施策でなんとかしようという方針には反対です。

そもそも、そうした経験を「いやいやながら」しても、医師は根付きません。診療についても、そうした医師の姿勢は表れると思いますので、患者さんにとっても不幸な結果を招く可能性もあると思います。

それならば、いっそのこと自治医科大学のような「地域医療を行いたい」と志願してくる学生を採用して養成していく方がよろしいのではないか、と思います。義務年限が終わって、地域を離れるとしても、その義務年限自体が長く、よほどの覚悟がないと入学してこないのではないでしょうか。

医師となった後の段階で「地域医療を」と言っても、「そもそもそんなことを目指して医師になったわけではない」と言われてしまったら終わりです。それならば、地域医療に参画して支えていきたいと希望する学生を養成していくべきではないか、と私としては思っています。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。