専攻医の後「常勤スタッフ」になることを断られたらどうすべきか【医師転職】

スポンサーリンク

コロナ禍で病院の経営が悪化していることもあってか、医局に所属していないと有期限契約の専攻医の後、常勤スタッフとして継続雇い入れを「お断り」されるようなケースがあるようです。

「専攻医の間は雇いますけど、その後、常勤スタッフとしては雇わない」と通告されるいうことですが、なかなか世知辛いですね。

こうなったら、専攻医登録評価システム(J-OSLER)の症例登録、指導医の承認をもらうということを速やかにしておき、さらには専門医資格をできるだけ早く取得し、「できるだけ好条件の転職先を探し、入職する」ということを目指すよりほかはないのかな、と思われます。

さすがに専攻医の研修中に放り出す、ということはないとは思いますが、万が一の備えをしつつ、「専攻医の研修修了、その後の転職」を見据えて次の病院探しをしておく、ということが必要になるわけですね。

ただでさえ忙しい研修の中、さらには転職活動も同時に行わなければならないとなると大変ですね。その時にはやはり、「リクルートドクターズキャリア」や、「エムスリーキャリア」といった転職支援会社の転職エージェントに相談しつつ、できるだけ手間を省いて効率的な転職活動をすることをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師の転職とキャリア
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました