医師も、一般企業で働くという選択はいかがですか?「産業医、製薬会社、保険会社…」

臨床以外にも、医師が求められ、活躍できる道は多いです。産業医や検診医だけでなく、製薬会社、医療機器メーカー、保険会社など、医療に関係してその専門性を活かす職種があります。

製薬会社・医療機器メーカーで多いのは、研究開発や薬事系です。企業・業務内容にもよりますが、一般的に報酬は高水準であると言われています。ただ、「もともと大学院で糖尿病・代謝異常症などの研究をしていた」などの専門的な研究をしていたりしないと、入職は困難かもしれませんね。

保険会社勤務での業務は、生命保険会社の加入審査業務での求人が主体となっています。定時勤務、オンコールや当直もなく、福利厚生は手厚く待遇も良い…ということもあり、子育て中の女医さんなどに人気だったりします。

他にも、コンサルタント会社という選択肢もあります。医療コンサルや病院コーチングなどを行うところや、それ以外にも、外資系起業の求人もあったりします。ただ、採用基準は非常に高く、激務であることを覚悟しなくてはならないようです。ただ、外資系でシニア・コンサルタントにもなると、非常に高額報酬が望めるということもあります。

もし「自分は臨床に向いていない」とお悩みの先生方がいらっしゃるようでしたら、ぜひ、視野を広げてみましょう。いやいや臨床を続けるというのは、ご本人にとっても苦痛ですし、患者さんも不利益をこうむりかねません。お互いに不幸な状況を避けるためには、先生方が一歩踏み出して、一般企業で働くという選択肢をとることで、変わるのかもしれませんね。

ただ、ご自分で求人先を探して見つけ出す、というのは結構難しかったりします。そこで、「エムスリーキャリア」や「リクルートドクターズキャリア」など、幅広く求人先を紹介している会社で、キャリアエージェントに相談されることをオススメしたいと思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。