大企業があっさり産業医を乗り換えていて「やっぱりシビアだな…」と思った話

とある一部上場企業の大企業の統括産業医が、4月から代わると聞きました。70歳を迎え、「定年の年に達したから」とのことでしたが、その先生はまだまだ続けるつもりだったそうで、かなりの不満顔です。

新任者の産業医はかなり顔の利く、国と企業のパイプ役となりうる方だそうで、その大企業は「政治力」を求めていたようです。その点、現在の産業医では弱いと判断したと思われます。

やはり大企業の統括産業医ともなると、企業から求められるレベルも高く、それを満たしていないということになると、あっさりと切られるということなのでしょうかね。「代わりとなる産業医はいくらでもいる、入職したい産業医はいっぱいいる」ということもあり、その分、産業医を選定する、評価する目はシビアなものがあります。

その点、やはりそこそこの水準での仕事を求められ、気の合う仲間と仕事ができるといったことの方がいいなぁと私としては思ってしまいます。

もちろん、そこそこの企業では、いただく報酬もそこそこということはありますが(笑)

この点、

産業医へ転職する際には考えたい「年収や業務量と企業の規模」の関係【医師転職】
産業医の年収は、当然ながら「企業が産業医に出せる額」によって決まるわけですが、当然のことながら大企業で利益を上げている会社の方が、小規模の企業よりも多く出せる傾向にあります。 一方、社員数が多い大企業ということになりますと、面談数や健...
「自分に合った職場」というものは変わるもの…だからこそ転職では「目的」が重要【医師転職】
産業医になって1社目は、本社の社員数3,000名程度の製造業の会社でした。保健師も2名おり、サポート体制もありましたが、他に産業医もおらず、やや「産業医1年目には重荷かな」という会社だったようにも思います。 2社目は1部上場の大企業で...

にも書いておりますが、やはり大企業だと期待値(求められる仕事の質・量)も高くなり、産業医として働きだして二社目以降でしたら、考えていきたいところです(一社目は、未経験でも雇ってくれるところということになり、その分選択肢は狭まります)。

こうした情報はなかなか求人票を読んでも分かりづらいところです。その点、やはりリクルートドクターズキャリア[PR]や、エムスリーキャリアに登録し、転職エージェントに相談しつつ転職活動を行われることをオススメしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました