「自分に合った職場」というものは変わるもの…だからこそ転職では「目的」が重要【医師転職】

産業医になって1社目は、本社の社員数3,000名程度の製造業の会社でした。保健師も2名おり、サポート体制もありましたが、他に産業医もおらず、やや「産業医1年目には重荷かな」という会社だったようにも思います。

2社目は1部上場の大企業で、産業医3名・保健師3名体制でした。産業医としての経験年数もまだまだであり、経験を積むには良い会社だったように思います。ただ、担当する子会社も多く、なおかつ膨大な健康診断の判定業務もあり、勤務継続を続けるには私にとって厳しかったのかな、と思います。

こうした職歴を経て、今は某大手企業の子会社で、産業医1名のみでの勤務をしておりますが、とても居心地よく、ストレスも少ない状態で働けています。

ですが、いきなり1社目でこの会社に勤務していたとすると、分からないことだらけでサポートもなく大変な状態になっていたかもしれません。

やはり「自分に合った職場」は、経験年数などによっても大きく変わります。私も3度目の転職でようやく満足のいく結果になった、と感じてはいますが、それも過去2回の転職があったからこそ言えることなのではないでしょうか。

希望条件を100%満たす求人というのはありえないでしょうから、だからこそ転職では「目的」が重要となります。何を重視した転職なのかという優先順位をつける、と言い換えることができるかもしれませんね。

私の場合でしたら、転科に伴う経験年数が少ない段階でしたら「サポートの得られる環境で経験が積める」ということが大事であったでしょうし、ある程度経験年数が積めて独り立ちできる段階でしたら、「落ち着いて余裕を持って勤務できる環境」が重要となってきています。

こうした目的をハッキリとさせませんと、漠然と「自分には合わないなぁ…また転職」と無軌道な転職を繰り返してしまう可能性もあります。自分が今どの段階にいて、どのような転職が必要なのか、ということは認識しておく必要があると思います。

ただ、なかなか自分にとってどのような環境が必要なのかというのは一人だけだと気づくことは難しかったりします。そんな時は、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しますと、アドバイスを得られ、転職活動を円滑に進めていくことができると思います。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。