先輩医師を「キャリアモデル」にすることで息苦しさを感じていた私【医師転職】

キャリアデザインをする上で、先輩や上司のキャリアを模倣・参考にすることを「キャリアモデルにする」と言ったりしますが、これは同じ職場でよくあることだと思います。

身近な先輩を見ていて、「こうなりたい」と思ったり、あるいは「みんなこうだし、私もそれに続こう」と思ったりするするわけです。もちろん、こうしたキャリアモデルがあることは参考にすることができますし、最終的には「自分はこうしよう」と決定することで自分なりのキャリアデザインができるのだと思います。

しかしながら、そのキャリアモデルはあくまでも同じ科で働いている先輩たち、あるいはその病院で働いている医師たちとなるわけですし、「そのキャリアパスに合っていない人たち」が参考にすると、「なんか違うなぁ…」と違和感を感じたり、「これでいいのか?」と疑問を持つことになると思います。

周囲の医師をキャリアモデルにする上で、「臨床医たるもの、専門医資格を取得してバリバリ症例を経験していくもの」と思い込んだりしていますと、無理に自分を型にはめようとして辛い思い、息苦しさを感じることになってしまいます。

実際、私は臨床医でいることが合わず、後期研修をドロップアウトして産業医になっているわけですが、先輩たちのキャリアモデルを参考にしていたため、そのような選択がなかなかしづらかったという側面もあります。

結局、「どの道が正解」ということはなく、キャリアデザインは自由にしていいのだと思います。もちろん、「専門医資格を取得しておいた方が後の医師人生にとってプラスになる」「ある程度の無理がきく若手時代に、経験をできるだけ積んでおくべき」といった、ある程度のセオリーのようなものはあるでしょうが、それでも医師免許は「合わなかったら、別の働き方を考えてみよう」というつぶしがきくものだと思います。

また、産業医になったとしても、また臨床医に戻る医師も珍しくありません。いきあたりばったりはおすすめできませんが、「あ、やっぱり違ったな」ということで軌道修正を図ることもできるわけです。

ですので、もし今の働き方、あるいは今後の働き方に疑問を感じたりしたら、「やりたいこと」にチャレンジしてみるのもいいと思います。ただ、ご自身で「求人を探して、応募して…」といったことを行うのはなかなか難しいため、リクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアなどの転職エージェントに相談しつつ転職活動をしてみてはいかがでしょうか。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。