医師の採用面接での注意点!「上から目線」な言動・態度にご注意を

医師の採用面接で、特に年配の先生方に多いそうですが、「上から目線」な発言・態度がマイナス点となっていることがあるそうです。それなりの地位・キャリアにある先生が転職活動をなさる際、そうした言動・態度が知らぬ間に出てしまってる、なんてことがあります。

「上から目線」の実例で言うと、電子カルテが導入されてないと知るや否や、「なんで導入されてないんだ」などと言ったり、診療システムや診療状況について、つい口を挟みたくなり、「そんなことをやっているのか」などです。悪気はなくても、ついつい口走ってしまい、同席しているキャリアエージェントがヒヤヒヤしている、なんてこともあるそうです。

たしかに、「先生をお迎えしたい」という立場の医療機関としては、そのような言動・態度はマイナスにはなっても、プラスにはなりません。ほぼ横並びの候補者がいる場合、落ちてしまう、ということにもなりかねません。

あくまでも採用面接を受ける側なのだということを肝に銘じたほうが良さそうですね。また、最近の傾向として、キャリアや肩書きよりも、「コミュニケーション能力」「スタッフとの連携」「後進を育てる」といったことを求めていることもあり、「上から目線」な言動・態度はご注意いただいたければと思います。

また、入職した後も、スタッフとの軋轢を生じる可能性があり、居づらい環境にはしないためにも、できるだけ相手の立場などに配慮し、コミュニケーションをとられることが望ましいですね。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。