医師のための上司への辞意の切り出し方「迷いを捨て、腹を決めて口に」

病院に内定をもらい、あとは上司に辞意を表明するだけ…となっても、なかなか切り出しづらいものです。

今までお世話になっているということもあり、長らく勤めていれば、それなりに愛着のある職場でもあるでしょう。ですが、辞意の表明は、転職のために避けては通れない壁です。ダラダラと先延ばしにはせず、しっかりと伝えるべきであると思います。

辞意を伝えると、上司の反応パターンはいくつかに別れると思います。
1) 驚きつつも話を聞き、慰留しようと試みる。
2)「少なくとも○月までは待ってくれ」などと、先延ばしを試みる。
3)「転職しようとしたのは、何故なんだ?」と質問を続け、問題解決により慰留しようとする。
4) 怒ったり、罵ったり、恫喝して辞意表明を撤回させようとする。
5) 辞職者が出るのに慣れっこで、すぐさま人員補充を考えており、上の空で話を聞く。

…などでしょうか。

4)、5)に関しては、やや特殊であり、あまりないことだと思いますが、これらに関してはもはや同情の余地なしで、「とっとと辞めよう」と改めて思うのではないでしょうか。

一方で、1) 2) 3)に関しては、少々厄介です。慰留・先延ばしをすることになれば、内定を出してくれた病院にも迷惑をかけることになります。また、辞意表明したことを撤回し、その病院に残ったとしても、以前のような待遇は望めないこともあります。

そこで、いくら説得を繰り返されたとしても、辞意を撤回せず、腹を決めて話し合いに臨む必要があります。上司であれば、どんな反応をするか、ある程度、予測がつきます。その反応をシミュレーションした後に、辞意表明を行うということも重要です。

あくまでも、退職することは決定したことであり、撤回することはない、と思ってから上司と話をしましょう。その意志が固まる前に話をすることは、避けるべきだと考えられます。迷いを捨て、腹を決めることができたら、「申し訳ありませんが、少々、お時間よろしいでしょうか…」と話しかけましょう。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。