海外で働く!医師がシンガポール勤務を行うための転職を行う方法

シンガポールで日本人医師が働くということで気になるのが、やはり免許の必要性ではないでしょうか。

日本人医師の場合、新たにシンガポールで免許を取得しなくても、診療を行うことはできます。

ただ、自動車の「AT車限定免許」のように、条件のある限定的な免許です。その条件というのは、以下のようなものです。

・診療できるのは日本人国籍の患者のみで、シンガポール人を診療することはできない。
・家庭医のみの登録で、専門医登録はできない(外来でプライマリーケアを中心とした診療を行う)。
・ローカルのスーパーバイザー医師の指導下でなければ侵襲を伴う手術はできず、入院患者も診ることもできない。
・二国間協定に基づいて、Conditional Licenseを持つ日本人の医師枠としては、30人までと限られている。

やはり、なかなか厳しい条件ですね。観光の延長で、物見遊山の気分で働くということは難しいでしょう。

一方で「海外で働きたい」「海外で心細い日本人の不安をすこしでも和らげたい」という思いを持っていらっしゃる方は歓迎されるでしょう。ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

応募には、クリニックに直接応募する方法や、「エムスリーキャリア」を通じての応募といった方法があるようです。


オススメの転職支援会社

会社名オススメ度特徴
リクルートドクターズキャリア
★★★★☆
登録すべき
人材紹介会社として知られる「リクルート」のグループ会社であり、担当してくださったエージェントも、迅速できめ細やかな対応をしていただけました。求人数も豊富であり、まず登録すべき会社の一つです。
エムスリーキャリア
★★★★☆
登録すべき
ソニーのグループ会社であり、やはりリクルートと同様、安心感が違いますね。企業の産業医採用担当者に話を聞いたところ、エムスリーキャリアのエージェントの対応をベタ褒めしていました。こちらもオススメです。
医師転職ドットコム
★★★☆☆
登録を検討すべき
キャリアカウンセリングもしっかりしており、面接対策についてのアドバイスも力を入れています。初めて産業医を志している先生方にもオススメです。
民間医局
★★★☆☆
登録を検討すべき
医療機関との連携・つながりが強いことで有名ですが、意外に産業医求人も数多く取り扱っています。