海外で働く!医師がシンガポール勤務を行うための転職を行う方法

スポンサーリンク

シンガポールで日本人医師が働くということで気になるのが、やはり免許の必要性ではないでしょうか。

日本人医師の場合、新たにシンガポールで免許を取得しなくても、診療を行うことはできます。

ただ、自動車の「AT車限定免許」のように、条件のある限定的な免許です。その条件というのは、以下のようなものです。

・診療できるのは日本人国籍の患者のみで、シンガポール人を診療することはできない。
・家庭医のみの登録で、専門医登録はできない(外来でプライマリーケアを中心とした診療を行う)。
・ローカルのスーパーバイザー医師の指導下でなければ侵襲を伴う手術はできず、入院患者も診ることもできない。
・二国間協定に基づいて、Conditional Licenseを持つ日本人の医師枠としては、30人までと限られている。

やはり、なかなか厳しい条件ですね。観光の延長で、物見遊山の気分で働くということは難しいでしょう。

一方で「海外で働きたい」「海外で心細い日本人の不安をすこしでも和らげたい」という思いを持っていらっしゃる方は歓迎されるでしょう。ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

応募には、クリニックに直接応募する方法や、「エムスリーキャリア」を通じての応募といった方法があるようです。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師就職・転職情報
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました