医師が転職する上で心に留めておくべき3つの注意点

医師が転職する上で、しっかりと把握しておかないと「転職を何度も繰り返す」「短期間で再転職する」といったはめに陥るポイントがあります。

私自身、「内科医→産業医→産業医2社目→産業医3社目」と、比較的多く転職しているため、同じ轍を踏まないよう、どうすべきかというのは、人一倍認識していると思っております(決して誇れませんが)。

今回は、そんな「転職する上で心に留めておくべき注意点」について書いてみたいと思います。

転職する上で「前向き」な理由・目的

まず転職する上で重要なのが「目的」です。「今の上司がイヤで転職したい」「今の病院だと労働条件が良くなく、こき使われるのがイヤ」といったやや消極的な理由も目的と言えますが、やはりできることなら前向きな目的が欲しいところです。

「せかせかと忙しく診療するより、もう少しじっくりと患者さん一人一人に時間がかけられるようにしたい」「今まで大学病院で勤務してきたから、その知識や経験を生かして市中病院で働きたい」「より幅広い臨床経験を積みたい」など、探せばなんらかの前向きな理由、目的があるはずです。

こうした転職理由、目的がないと、やはり「なんでここに転職したんだろう?」と悩み始めるきっかけとなってしまいます。やはり一つは持っておきたいところです。ちなみにこうした理由・目的は、採用時面接で活かされます。

求人先に求める「譲れない条件」は何か

全て自分の希望を叶えてくれるような求人先は少ないと思われます。そこには、いくつかの妥協をする必要がありますが、「これだけは譲れない」という点は何か、あらかじめご自身に問いかけておくことをオススメします。

というのも、なし崩し的に譲歩していくことで、「やっぱりこの転職は間違いだった」とならないためにも、譲れない一線は確保しておくべきであると思われます。

たとえば、「確実に今の職場より年収upを実現したい」「当直回数が多くてキツイ。もう少し当直、オンコールなどが少ない職場にしたい」などといったことでしょうか。

焦って限られた求人情報に飛びつかない

上記の2点に加え、求人情報の数が少ないケースも、ぜひ焦らないようにしていただきたいと思われます。飛びついてしまった結果、「やっぱり違うなぁ」と転職を失敗と考えるのだけは避けたいところです。

求人との出会いは、お見合いにたとえられることもあります。タイミングも関係してきますので、じっくりと希望の求人が現れるまで待つことも重要です。

一方で、求人数が少ないとお感じでしたら、人材紹介会社の登録を増やすことも検討してみてはいかがでしょうか。会社によって異なる求人が出てくることもあります。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

民間医局

など、複数の人材紹介会社への登録を検討されてはいかがでしょうか。

以上です。
上記の3つのポイントを改めて振り返ってみて、転職成功していただくことを心より祈っております。


医師の転職支援会社でリクルートとエムスリーをオススメする理由

私は初期研修を終了後、同じ施設で内科医として後期研修医となりました。後期研修4年目、業務によるストレスで不眠症状が悪化するようになり、体調を崩すようになってしまいました。体調不良に加え、医長との関係性悪化もあって退職しています。

数ヶ月のバイト医生活を挟んで、企業の常勤産業医となり、その後も産業医として転職を2回経験しています。

転職1回目:内科医→常勤産業医1社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

転職2回目:常勤産業医として2社目(エムスリーキャリア紹介)

転職3回目:常勤産業医として3社目(リクルートドクターズキャリアの紹介)

上記のような流れでの転職ですが、実は2回目の転職の際にもリクルートドクターズキャリアに相談しており、お断りしてしまいましたが、こちらでご紹介いただいた求人も内定を頂きました(逆に、3回目の転職時は、エムスリーキャリアの紹介求人でも内定を頂いております)。

私は転職する際、「リクルートドクターズキャリア」に相談して転職活動を開始しています。

その理由としては、希望に沿った求人をレスポンス早く用意してくださる点や、むやみに急かしたりするようなことがない点、転職エージェントが相談しやすいという点などが挙げられると思います。

実際、あまり希望の求人がない際にもゴリ押しで勧めてくることもなく、私のペースに合わせてくれました。また、問い合わせた際には迅速に対応してくれるところも、まさにリクルートドクターズキャリアは「頼れるパートナー」という存在でした。

私が他に利用させていただいた転職支援会社は、「エムスリーキャリア」です。

2回目の転職の際、実は求人先から私は条件から外れていたのですが、「エムスリーキャリア」の転職エージェントが交渉してくださり、面談を受けることができるようになりました。結果、内定をいただくことができたという経緯もあり、やはり頼れる存在です。

もしまた転職をせざるを得ないということがありましたら、私は恐らく、

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

に相談すると思います。もし転職支援会社選びに迷われていらっしゃるようでしたら、自信を持ってこの2社をオススメしたいと思います。