「今後検討する」という採用面接での約束を反故にされないために【医師転職】

スポンサーリンク

現在、産業医として勤務している企業で、採用面接を受けた時に保健師がおらず「今後は雇い入れを検討しています」と説明を受けました。

何がなんでも雇い入れを希望していなかったわけではなかったのですが、今後そのような予定があるのかと思い、人事担当者に質問したところ、雇い入れから3年経った今も「検討中」とのことです。

応募者としては、1〜2年のスパンでのことかと思っていても、企業側としては5年、10年のスパンで「検討する」ということもあり、これは病院への入職でも同様のことが起こりうるそうです。

「新たに総合診療科を創設予定です」といったことを言われたとして、それを期待して入職した場合、なかなかそれが実現しない場合は「約束が違う!」となるかもしれません。

やはり転職で「失敗した…」とならないためには、求人側にはいつまでにといった確約をしてもらう必要があると思います。

ただ、面接の時だけの口約束だと水かけ論になる可能性がありますので、そこはリクルートドクターズキャリアや、エムスリーキャリアの転職エージェントに仲立ちしてもらって承認になってもらう、覚書を用意してもらうといったことを検討することをお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

産業医の人材紹介会社選びで迷ったら

産業医の人材紹介会社を「どこにすればいいと思う?」と聞かれたら、私は迷わず「リクルートドクターズキャリア、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思うよ」と答えると思います。

リクルートドクターズキャリア

エムスリーキャリア

というのも、臨床医に比べてハードルの高い常勤産業医の内定を勝ち取れたのが、この2社にサポートしてもらった時だけだからです。他の人材紹介会社にも登録して採用面接を受けたのですが、ことごとく落とされました。

求人数も多く、なおかつ「大手だから」という安心感は求人を出している企業側にもあると思います。「あまりよく知らない」紹介会社を利用して転職活動を行うよりは、その点、大手の会社を利用する方がメリットがあるのではないでしょうか。現に、私が勤務していた企業も、やはり大手の人材紹介会社しか使わないという方針でした。

もちろん大手だからというだけでなく、転職エージェントのサポートも手厚く、問い合わせのレスポンスもこの2社はピカイチだからこそオススメです。

おそらく今後、また私が転職することがあるならば、間違いなくまたこの2社にサポートを依頼すると思います。もし産業医への転職を考えていて、人材紹介会社の利用を考えておられるなら、リクルートドクターズキャリアと、エムスリーキャリアにしておけば間違いないと思います。

医師転職の基本
産業医になろう
タイトルとURLをコピーしました